記事

文科省「ギャップイヤー社会的認証」トライアル事業の「社会体験・課外活動」参加者募集(30人、抽選)に注目!~首都圏大学生対象

 英国内ではエジンバラ公賞(The Duke of Edinburgh's Award、略称:DofE)、国外では国際ユース賞(The International Award for Young People)と呼ばれる若者(対象年齢:14-25歳未満)の「社会体験」「課外活動」を促進する認証制度がある。ギャップイヤーは本格的な社会体験(国内外の課外留学、ボランティア等)と就業体験(インターン・アルバイト等)の二軸があるが、前者の評価の"モノサシ"として、世界では既に認知されている。

 DofEはエジンバラ公の強い意志で1956年に誕生し、60年近い歴史がある。若年層は成長と豊かな人生を送るため多様な分野で、生きる術(すべ)となるような自主的に取り組むプログラムを体験して立派なおとなになってほしいという考え方が根底にある。これは、英国で60年代に生まれたとされるギャップイヤーのコンセプトの形成に影響を与えているのは明白だ。実際、英国のDofEのサイトには、「ギャップイヤー」のタグがあり、ギャップイヤー支援NPOの「ギャップイヤー・プログラム」も入っている。
参考サイト:http://www.dofe.org/en/content/cms/doing-your-dofe/opportunities/residential/gap-years/

 課外活動カテゴリーは「ボランティア活動(Community Service)」、 「科学・文化・芸術活動(Skill Development)」, 「運動・スポーツ(Physical Recreation)」、「自然体験活動(Adventurous Journey).の4つとなっている。青年の「持続と達成」がキーワードで、人生を変えるような社会体験やスリルあふれる冒険、価値あるスキル、そして成熟した人としての肉体的成長を目指している。

 このような体験活動の評価・認証機関は非営利・慈善団体として、インターナショナル アワード協会(IAA)がある。1970年代になってこの運動は世界を席巻し、米国も1980年に加わった。今現在、世界で85万人の青少年が各種活動にチャレンジしていて、これまで132カ国・地域で700万人が体験している。それはゴールド賞(16歳以上、18ヶ月以上)・シルバー賞(15歳以上、12ヶ月以上)・ブロンズ賞(14歳以上、6ヶ月以上)と呼ばれる3つの認定された参加レベルがあり、賞(アワード)は335万人に授与されていて、各国で一種の"社会的認証"になっている。

 組織としては、世界で欧州・アメリカ大陸・アジア・アフリカの4ブロックに統括事務局がある。アジア・オセアニア地区の事務局はシドニーにあり、その傘下の国内委員会は、インド・シンガポール・マレーシア・ニュージーランドなど13カ国を数える。残念ながら(というか信じられないが)、日本はIAAのメンバー国ではない。青少年の体験活動でも"ガラパゴス"状態といえないか。それゆえ、日本では16カ国に60ある独立したオペレーター(7つの教育機関)として、それぞれ直接英国の認可を受けてプログラムを運営している。

 日本でも、教育に携わる多くの方々にこのグローバル・スタンダードである国際ユース・アワードの素晴らしい課外活動プログラムを知っていただき、日本の多くの若者たちにもこのチャレンジを通じて自己を高める機会を楽しんでらいたいと私は考えていた。

 ところが、なんと文科省スポーツ・青少年局が、8月から来年2月の期間、首都圏の大学生30名に対し、トライアル(官庁用語で「試行事業」)としてこのチャレンジ・プログラム参加者を公募していることを知った。文科省は「青少年体験活動奨励制度を検討するための試行事業」という名称で、大学生という参加見込み者視点(マーケット・イン)とは対極の、思い切りプロダクトアウト的な報道発表をしている。それゆえ、その素晴らしさが伝わらないのが実に残念であるが、参加できるのは「抽選」というある意味恣意が入らないフェアなものなので、"我こそは"という該当大学生は軽い気持ちででも申し込んだらいかがだろうか(メールで7月17日締切)。近い将来、日本でもギャップイヤー活動の浸透と共に、この認証・評価制度は、一つの"スタンダード"に認知される可能性はあろう。詳細は、以下の文科省のサイトにある。

参考:文科省「たたきつけろ、自分への挑戦状」http://www.challengeaward.jp 

あわせて読みたい

「高等教育」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  3. 3

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  4. 4

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  5. 5

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  6. 6

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  7. 7

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  8. 8

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  9. 9

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  10. 10

    一部のマスコミは、どうしても河野太郎氏を変人・奇人扱いしたいのかな

    早川忠孝

    09月16日 15:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。