記事
  • ヒロ
  • 2020年01月29日 11:30

野党に期待すること

1/2

初めに申し上げますが、私は逆立ちしても野党に同調することはありません。しかし、政治というのは野党がないと困るのです。日本人が全員同じ考えではありません。老若男女どころか様々な立ち位置の違い、例えば経営者と被雇用者、高収入者と低所得者、独り者と家族持ち、都会に住む者と田舎に住む者、サラリーマンと自営業、健康な人とそうではない人…といった具合に全ての人が置かれている立場は違うのです。

そのような切り口を踏まえたうえでそれぞれの考えを聞き、どう政治に反映していくかは重要な視点であり、野党の役割とはその与党が推進するであろう政策に対して修正を行い、マイナーな方々の権益を守ることも必要であります。

昨年末に立憲民主党の枝野幸男代表が旗振りをした野党合流話は国民民主党との距離感が埋められずその作戦は失敗しました。この失敗について個人的に感じることは二つ。一つは枝野氏は何をしたかったのか、二つ目は野党というヤジを飛ばすことが仕事になりつつある政党にどこまで国民は信頼をおけるのか、であります。

野党が合流するという着想がそもそも行けていないように感じます。二大政党をイメージしているのだろうと思いますが、今、時代は個性化の深掘りであります。アメリカの二大政党が実体的に機能しなくなりつつあるのは国民をAかBのどちらかの枠組みにはめ込もうとする単純な時代ではないということです。

かつて少品種大量生産でモノを安く届けることで社会は潤いました。しかし、90年代から少量多品種の時代に変わります。これはモノの生産の現場の話なのですが、これを消費するのは消費者である点に気がついてほしいのです。つまり、戦後から高度成長期の頃は経営側と労働者側が激突し、デモやストライキを経験し、時として強すぎる組合が会社組織そのものを壊すほどの二大勢力の激突が構図でした。その好例が日産と日本航空です。

しかし、90年代から会社は変わり、人々も個性を見出そうと変化したのです。人それぞれ歩む道は違うのだということです。それに拍車をかけたのが派遣労働やシェアの時代でそれが当たり前の選択肢となった意識の変化は大きいと思います。社会は細分化され、様々な人が様々な境遇の中で生きているわけでその声は千差万別なのであります。ならば、野党の数は本来であればもっとあってもおかしくないはずで統合というのは私から見れば真逆の思想なのであります。

あわせて読みたい

「立憲民主党(旧)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    オミクロン 高齢者に感染させないことさえできれば

    中村ゆきつぐ

    01月26日 09:23

  2. 2

    “周囲の乗客は見て見ぬふり”は許される?たばこ注意の高校生が暴行被害で論争勃発

    女性自身

    01月26日 18:36

  3. 3

    何故、立憲民主党より維新の支持率の方が高いのだろうか

    早川忠孝

    01月26日 09:15

  4. 4

    「正社員の特権がどんどん消えていく」扶養手当、住宅手当…諸手当が"全廃止"される日

    PRESIDENT Online

    01月26日 14:34

  5. 5

    日本電産のカリスマ経営者、事業継承に苦悩

    ヒロ

    01月26日 12:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。