記事

大枚をはたいてわが子を「引き出し屋」に差し出す親の特徴

1/2

ひきこもりの再生と称して親族から法外な費用を請求する「引き出し屋」のトラブルが増えている。ひきこもりの子を持つ家庭からマネー相談を受けている村井英一氏は「親は藁をもつかむ思いで支援団体に依存する。しかし子が社会復帰できるとは限らない。その前提でマネープランを組むべき」という——。


※写真はイメージです - 写真=iStock.com/brazzo

有名大学→大手企業→1年で退職→現在31歳でひきこもり

「あとどれくらいお金をかけても大丈夫でしょうか」

退職まであと1年となり、今後の資金状況のシミュレーションをしてほしいと、60代のご夫婦が相談に来ました。話を伺うと、長男(31)が自宅にひきこもりとなっており、なんとか社会復帰をさせたいとご両親には焦りの色が見られます。

◆家族構成
・父親:64歳(会社員) 年収300万円
・母親:60歳(パート主婦) 年収80万円
・ご本人:31歳(無職)
・姉:33歳(独立して、別居している)
◆資産
・預貯金:2000万円
・自宅:マンション(持ち家)

長男は、もともと内向的でおとなしい性格でした。学生時代の成績は優秀で、有名大学を卒業して大手企業に就職したものの、厳しい企業風土についていけず、1年もしないうちに退職してしまいました。その後、就職活動をするものの、前の職場での経験がトラウマとなってか、慎重になってしまい、新しい仕事に挑戦することができませんでした。そのうちに、働かない期間が長くなり、自室に閉じこもることが多くなりました。

なかなか仕事が決まらないものの、外出ができないわけではなく、両親が長男のことを「ひきこもり」と認識するのはしばらく時間がたってからでした。

「うちの子は、最近よく聞く『ひきこもり』なのかもしれない……」

両親はそう認識すると、なんとかわが子を立ち直らせるための行動に移しました。特に父親は熱心で、どこからか「ひきこもりの子を立ち直らせます」という団体を見つけ、長男への支援を依頼しました。

「ウチの子を立ち直らせたい」一心で、ひきこもり支援団体に300万円

その団体は全寮制で、ひきこもりやニートを預かって、社会復帰のためのカリキュラムや就労訓練を行っているということでした。ホームページには、ひきこもりから立ち直り、就職できたという事例が華々しく掲載されています。

生活費込みということもあり、費用は安くはありませんでした。しかし、それで息子が立ち直り、きちんと就職できれば、なにものにも代えがたい。両親はそう考え、息子を預けることにしました。

長男は初めこそ抵抗しましたが、元から自分の意思をはっきりと示す性格ではありません。不承不承ではありましたが、両親の説得を受け入れ、寮に入りました。

最初は1カ月の予定だったのが、「回復にはもう少し時間がかかる。せっかく改善に向かいつつあるので、今やめたらもったいない」と言われ、2度3度と期間を延長しました。そのたびに追加の費用が求められます。それでもご両親は、「これで立ち直ってくれれば」との一念で料金を支払いました。

結局、半年後に自宅に戻りましたが、以前と状況は変わらず、社会復帰はできませんでした。本人は、「両親から強制的に施設に入れられた」との思いがあり、親子の関係はかえってギクシャクしてしまいました。支払った費用は計300万円にもなっていました。


※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Ake Ngiamsanguan

母親はこう嘆きます。

「大金を払ったにもかかわらず、まったく効果はありませんでした。高い授業料でした」

諦めない父「あそこはダメでしたが、ほかにも支援団体はあります」

しかし父親はまだあきらめていません。

「あそこはダメでしたが、ほかにも支援団体はあります。あとどれくらいお金をかけても大丈夫でしょうか」

今後の資金のシミュレーションを見て、可能な限りの資金をつぎ込みたいと考えているようでした。ここは少し冷静になる必要がありそうです。私はこうアドバイスしました。

「新たに資金を投入して、次の支援団体に入ることでご長男が仕事を再び働くことができ、自立した生活を送ることができれば素晴らしいです。でも、せっかくお金をかけてもうまくいくとは限りません。ご長男がこのままずっと働けないことを前提に資金計画を考えましょう。そうすると、今使える資金はそれほどありません」

悪質な「引き出し屋」にさえすがってしまう親の心理

64歳の父親は再雇用という形でまだ現役で働いているとはいえ、定年時に退職金を受け取っており、今後は夫婦の年金だけが頼りです。長男に生活費を残すことを考慮に入れると、けっして余裕はありません。資産である2000万円の現金貯金には手を出すことも難しいです。

「立ち直ることを諦めろ、と言うのですか」

父親は強い口調になりました。

「いえ、けっしてそうではありません。しかし、立ち直るための努力がうまくいかない場合もあります。その場合でもご長男が生活していけるように考えておかなければなりません。その上で、できる範囲でお金をかけてみましょう」

私たちのファイナンシャル・プランナーのグループでは、ひきこもりのお子さんが生涯働けないことを前提にシミュレーションを行います。それでも親亡き後にお子さんが何とか生活していける方策を考えます。これはお子さんの回復を否定しているわけではなく、あらかじめ悪いケースを考えておきましょう、ということなのです。それでも生活が成り立つようにしながら、社会復帰の方策を考えましょうとお勧めしています。


※写真はイメージです - 写真=iStock.com/byryo

お子さんが働けずに引きこもってしまうと、親は立ち直らせようと必死になります。藁(わら)をもつかむ思いで、支援団体や支援を行う企業にすがる気持ちもわかります。また、お子さんが働けるようになれば、ある程度の金額も無駄ではありません。それだけにお子さんを立ち直らせようと、多額の資金をつぎ込んでしまう親はいます。中にはそれを当て込む、いわゆる「引き出し屋」のような、不当に高い料金を請求する悪質な団体や業者がいるのも事実です。

あわせて読みたい

「ひきこもり」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  4. 4

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  6. 6

    カリフォルニアで8400人感染疑い

    ロイター

  7. 7

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  8. 8

    政府の休校要請は極めて無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  10. 10

    USJ・ディズニーが臨時休園発表

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。