記事

復帰が決まったロンブー田村亮、本誌直撃に「すいません…」

「すいません、ごめんなさい! 寒いなか、すみません」
 1月某日、そう言いながら自宅へ入っていったのは、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(48)である。

 闇営業問題による謹慎を経て、1月30日に相方・田村淳(46)とのトークライブで、活動を再開させる。やつれ顔で宮迫博之(49)と開いた謝罪会見のときとは打って変わり、その目には生気が宿っていた。

「亮が参加した闇営業は、あの報じられた1回だけ。なのに、明石家さんまが主催した “宮迫を励ます会” には、亮に声もかからなかったそうなんです」(スポーツ紙記者)

 そんな亮と吉本興業をつなぐ会社として、昨年12月に淳が設立を発表したのが、「株式会社LONDONBOOTS」。当初は11月に設立を発表する予定だったが、“宮迫を励ます会” と時期がかぶり、淳が発表を延期させたという。

「一緒くたに報じられると、亮の再出発に水を差されると危ぶんだ淳さんが、延期を決めた。

 じつは淳さんは、『宮迫さんは許せない』とこぼしている。復活の舞台に選んだライブハウスは、2019年7月に、宮迫と亮が謝罪会見を開いた場所。それには、宮迫さんへの “意趣返し” という意味も込められていると聞いている」(キー局局員)

“再起の地” で、何を語るか。

(週刊FLASH 2020年2月11日号)

あわせて読みたい

「田村亮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    志村さん TVに映らぬ圧倒的努力

    PRESIDENT Online

  5. 5

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  6. 6

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  7. 7

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  8. 8

    日本は親の資産で人生決まる国に

    ABEMA TIMES

  9. 9

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  10. 10

    二階氏の「努力不足」発言に疑問

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。