記事

EU、武漢から市民退避へ支援開始、仏の要請受け 新型肺炎で


[ブリュッセル 28日 ロイター] - 欧州委員会は28日、新型コロナウイルスによる肺炎の震源地となっている中国湖北省武漢市からの欧州市民退避に向けた支援に着手すると発表した。

欧州委は声明で、フランスからの要請を踏まえ、欧州連合(EU)市民保護メカニズムを発動したことを明らかにした。同メカニズムの下、EUは武漢からEU市民を退避させる航空機2機の資金を共同拠出する。

欧州委は「支援の要請はこれが初めてで、数日中に他国が続く可能性がある」とした。

EUが共同拠出する航空機の1機目は29日にフランスを出発し、2機目も週内に出発する見通し。1機目には仏国民約250人、2機目にはEU市民100人超を乗せて出国させる計画。現時点では、新型肺炎の症状が出ていない市民のみの渡航が許されている。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  3. 3

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  5. 5

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  6. 6

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  7. 7

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  8. 8

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  9. 9

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  10. 10

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。