記事

予算委員長の偏った「しきり」

通常国会冒頭の、補正予算案の審議が今日衆議院では終わりました。

様々な論点は、さらに今後の本予算案審議の場でも掘り下げていくつもりですが、それにしても極めて問題なのは、棚橋予算委員会委員長の「しきり」のあり方。

中立公正であるべき「委員長」の立場を大きく逸脱して、極端に政府与党よりのさばきでして。とんでもないことです。

安倍総理に気に入られるよう「忖度」して、そのような偏った「しきり」をしているのがありあり。

本予算案審議においても、このようなことが続くとすると許されないことです。予算委員会理事として、きっちり見張っていきたいと思います。

あわせて読みたい

「予算委員会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  4. 4

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  5. 5

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  6. 6

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  7. 7

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  8. 8

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  9. 9

    カジノ反対の主張に感じる違和感

    木曽崇

  10. 10

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。