記事

世界中すべてのメディアに使用許可…封鎖された武漢の“リアル”を映したドキュメンタリーに注目



 中国で感染が拡大する新型コロナウイルスによる肺炎で、事実上の“封鎖”となった街・武漢。封鎖から24時間後の様子をレポートした約10分のドキュメンタリーが今、静かに注目を集めている。

 現地時間の23日午前10時、感染元とされる武漢市の空港と駅が閉鎖された。閉鎖前、空港では飛行機に乗ろうと駆け込む人々が大行列を作り、駅では人々が途方に暮れていた。空港も駅もダメならと、高速道路も大混雑した。

 動画は「特殊な事情がないならもう帰って来なくていいよ」「家で待機して事態が収束したら帰るね」というやりとりから始まる。撮影しているのは武漢に住む男性、リン・チェンさん。もともと春節に合わせて実家に帰る予定だったが、街が封鎖されたことで断念した。



 春節を越すに必要な食料を買うためスーパーに向かうと、入り口は長蛇の列。人々は皆マスクを付けている。店内になかなか入れず諦めて次のスーパーに向かうと、そこも人がごった返していた。

 無事買い物を終えて自宅に戻ると、街の様子を見るため再び外出するリンさん。駐車場で会った男性に話しかけると、この日に錦州にいる息子が帰ってくるはずだったとのこと。リンさんが「年越してから帰郷させるといいよ」と慰めると、「みんなには怖がってほしくないね」と男性。



 その後、武漢市内の「漢街」に車を走らせるも、駐車場には車が1台も停まっていない。リンさんは一昨日も来たというが、「いま街中にはもう基本人がいません」という変貌ぶりのようだ。

 漢街からの帰り道、Uber Eatsの配達員に遭遇。オーダーはほぼない状態だが、「少しでもあるならやるしかない。仕方ない」と配達しているという。この男性を心配したリンさんはマスクを一つ渡すと、「知り合いで持ってない人いたらあげて」とさらに余分に持たせた。



 車も人もいない街、一方でそこで確かに暮らしている人々。こうした武漢の“リアル”を映したリンさんの動画の最後は、次のようなメッセージで締めくくられている。

 「画面はすこし映画の情景に似ているではないだろうか。誰もいない街。臨時閉鎖された都市。でもみんな知ってる。これは映画ではないことを。映画とも違うことも。僕から見て、街中は依然として秩序が保たれている。この目で見たんだ。みな各々がこの街を正常に機能させるために奮闘している。皆が願うこと、それは事態がよくなること。

これは僕が十数年来初めて武漢でほぼ人影を見ない時である。そして最も趣のある時のひとつでもある。いずれにせよ、この地は依然として一千万人の故郷である。昨晩僕たちは帰郷せずに年越しすることに決めた。今日目が覚めて、この決定は正しいと確信した。

 だからもう一件正しいことをしたい。安全を十分確保した上で動画を撮ることにした。メディアに情報を提供するために。全メディアでの使用を許可すると同時に、この映像で得た全ての収益を募金します。すべての人の善良な心に感謝するために。特にいつも通り職務に徹し、この都市が正常に機能するのに貢献している人々に感謝を示すために。そして、最前線で戦っている医者たちに感謝を。



 僕もこの時に映像作品を作るのは不謹慎だと承知しているが、でもメディア関係者、映像製作者、あるいはブロガーとして、事件の当事者として、発信することを除いて僕には何ができるのだろうか。この街はたくさんのことを耐えてきた。人々にも大きな圧力がかかっている。でもみんな正しいことをしようとしている。たとえ街が封鎖されても、僕は知っている。ここは孤島ではないことを…。何億人もの人がここを心配しているから、みなこの地がよくなるのを願っている。同時に皆の健康を願って。

 僕はリン・チェン。全ての人よ、『あけましておめでとう』。皆でこの都市の回復を願おう。その時にまた、歓迎しよう、『武漢』。この世界が優しさで満ち溢れますように」



 リンさんの思いを伝えようと、動画の日本語訳をしたのが「中国人のぼっち」さん。中国人のぼっちさんは「ネットではネガティブな情報は拡散されやすいが、ポジティブな情報は広く行き渡りにくいものと感じていた」といい、動画を翻訳して自身のYouTubeチャンネルにあげた。動画の内容については「中国国内の秩序は保たれていたし、経済や文化の発展によって中国の人々の意識も向上しているように感じられた。日本が中国に抱く先入観やイメージも変化しているように思う」との見方を示す。

 さらに、武漢の市民らが家の窓から「武漢!」「頑張れ!」と一斉に叫び、励まし合う運動も起こっている。武漢在住の中国人女性に話を聞くと、「夜8時頃に大声を出して、『武漢頑張ろう!』と励ましていた」と実際に声を聞いたという。



 現在は外出を控え、テレビを見たり携帯で状況を調べたりする日々を送っているというが、「そこまでの心配はない。家族も良くなるでしょうと(思っている)」と冷静に捉えていることを教えてくれた。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

ノーカット映像:封鎖された武漢の”リアル”

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  2. 2

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  3. 3

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  4. 4

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  5. 5

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  6. 6

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    日韓の人口あたり感染数は同じか

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  9. 9

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  10. 10

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。