記事

12月豪企業景況感は低下、信頼感も6年ぶり低水準


[シドニー 28日 ロイター] - ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)<NAB.AX>が28日に発表した12月の企業景況感指数は、1ポイント低下しプラス3となり、長期平均のプラス6を引き続き下回った。

長引く山火事による影響がまだ完全に反映されていないものの、信頼感指数は2ポイント低下し、マイナス2で、2013年半ば以来の低水準を記録した。売上高指数と収益指数の双方が悪化した。一方、雇用指数はプラス4で横ばいとなった。

NABグループのチーフ・エコノミスト、アラン・オスター氏は「民間部門が引き続き低迷していることが示された。10─12月期も弱い数字になる見通しだ」とし「現時点で山火事による影響はまだ明確には表れていないが、1月はより大きな影響があったはずだ」と指摘した。

山火事は収まる兆しはなく、年末年始のピークシーズンに観光業や消費者心理への打撃となった。

オスター氏は「企業景況感は最悪期を越したようだが、今後の見通しを示す指数は低迷が続くことを示している」とし、「2020年に景気を下支えするためさらなる刺激策が必要だと考えている」と語った。

豪中銀は昨年3度の利下げを行い、金利は過去最低の0.75%となった。利下げで住宅価格は上昇したが、消費刺激効果は限定的。

金融市場<0#YIB:>は、年央までに少なくともあと1度25ベーシスポイント(bp)の利下げがあると予想している。ただ、2月4日の政策会合で金利変更を予想する向きはほとんどいない。

NABの指数では、業界ごとに業況感がまちまちとなっていることが示された。卸しや鉱山部門は大幅に改善。一方、金融、ビジネス・不動産サービス部門は悪化した。小売や建設部門で信頼感が低下。サービス部門はより堅調だった。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  2. 2

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  5. 5

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  6. 6

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  7. 7

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  8. 8

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  9. 9

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    石田純一のYouTubeに低評価殺到

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。