記事

賞品トラブルのMX番組騒動は制作担当者の自殺に発展 無責任な局の体質に疑問

BLOGOS編集部

「制作現場自体が所詮、素人ばかりの集団だから起こってしまう。局としては謝罪するしかありませんが、番組の編成を担当している連中なんかは、世間が思っているほど深刻には考えてはいないと思いますよ」。

2000万円の賞品届かず、ギャラも未払い

TOKYO MXテレビのバラエティー番組で発覚した優勝賞品を巡るトラブルである。で、冒頭のコメントは同局で別番組を担当している制作会社のプロデューサーだ。

騒動となっている番組は「欲望の塊」。この番組は人気ホストが簡単なゲームで競い合い、優勝者にはランボルギーニ社の2000万円といわれるスーパーカーが贈られるという、たわいもないバラエティー。

ところが、番組の放送から1年近くも経っているにもかかわらず(放送は昨年1〜3月だった)、優勝者の元にスーパーカーが送られてこない。しかも、番組でMCを務めていた「極楽とんぼ」の山本圭壱(51)や、ゲスト出演した俳優の小沢仁志(57)に対してもギャラが支払われていないことまで判明した。放送関係者が言う。

Getty Images

「優勝したのに商品であるスーパーカーが贈られてこないというのは、よくある話ですが、そもそも今回の問題が大きくなったのは、番組の制作手法でした。企画した制作会社は、出演するホストの店から〝番組出演広告宣伝費〟と称して1店あたり150万円を徴収していたのです。番組には15人前後のホストが出演していたので、少なくとも2000万円以上を集めていたと思います。現時点で言えるのは企画会社が、その徴収した制作費をネコババしたということです」。

番組を企画した会社は、フリーペーパーなどを手がける制作会社だったというが、おそらくフリーペーパーの広告を集めてきた段階で知恵が働いたのだろう。それが、ホスト店から「宣伝費」だといって金を集めてバラエティー番組を制作することだった。

「企画会社は、まず番組制作会社を通して放送枠を確保した。ただ、地上波といってもMXテレビは東京のローカル放送ですからね。もちろん依頼した制作会社と局との関係にもよりますが、番組が27時(午前3時)からの放送ですので電波料は安い。ワンクールで300万円程度ではないでしょうか。番組内容も椅子取りゲームとか三輪車競争など、明らかに低予算で出来るものばかりでした。高く見積もっても、全て合わせて1000万円もあればできると思います」(番組制作会社関係者)。

賞品のスポーツカーはともかく、番組を放送したことで企画会社は1000万円は儲かったと思われるが、出演者のギャラばかりか制作費もほとんど支払っていなかったことを考えると、利益はさらに増えるわけで、やはり企画会社の〝計画的犯行〟だったことは間違いなさそうだ。それだけに「企画会社の借金返済のための番組だったのではないか」(放送関係者)という声もある。

企画会社の担当者が自殺か 無責任なMXテレビ

BLOGOS編集部

しかも27日になって、この騒動は企画会社で番組を担当したと思われる40代の男性が、自殺するという最悪の事態に発展した。この男性は24日に福岡市西区にとめた車の中で、遺体で見つかっていたというのだ。

一部メディアの中には「詐欺まがい」と指摘する声もあったが、実際に番組を制作して放送しているので、「刑事事件」にはならないだろう。結局この騒動は、放送業界のモラルと放送事業者としてのMXテレビの対応が問題ということになるが、企画会社の担当者が自殺したとなったら、実は根の深い問題なのかもしれない。

そもそもMXテレビの認識だ。同局がホームページで出した「お詫び」だが、これが

「本番組は、外部からの企画持ち込み及び制作により放送したもので、当社が制作著作権を保有しない番組でありますが、放送責任は当社にあると考えております」

唖然である。

放送法に則って、MXテレビの番組として放送しているはずなのに「当社が制作著作権を保有しない番組」と言い放ってしまう。免許事業者としてこの認識は問題だろう。そもそも、番組の編成権はMXテレビにあるのだから、放送する責任は全て負うのが当然である。

「MXテレビは自社番組以上に番組を外部の制作会社に丸投げしているケースが多いといわれています。それは収益もありますが、基本的には局に制作能力がないためです。局の責任者が現場のことをほとんど把握せず任せっきりで、チェックもしていなかったことこそが大問題です。自社で放送する番組すらチェックも出来ないのなら、放送局としての放送免許も返上すべきでしょう」(週刊誌の放送記者)。

しかも、MXテレビが「無責任発言」したのは今回だけではない。3年前の2017年1月に、沖縄の基地反対運動について放送した「ニュース女子」でも似たようなことが起こった。

同番組は、化粧品会社「DHC」の子会社の番組制作会社「DHCテレビジョン」が制作したもので、今回と同様に「持ち込み番組」だった。この時もMXテレビのチェック体制の甘さが指摘されたのだが、同局にとっては最大のスポンサーだった「DHC」の案件だったこともあってノラリクラリ。最終的に放送倫理・番組向上機構(BPO)で審議入りし、結局、同年12月に「重大な放送倫理違反があった」と、BPOは意見書を公表した。

いずれにしてもMXテレビの対応の鈍さ。危機意識のなさ。放送事業者としてのコンプライアンスの欠如…改めて実感する。おそらく、今回の事件もBPO審議入りすることは確実だろう。

テレビ業界は制作体制を刷新できるか

今回の騒動はあらゆるメディアで報じられ、問題視されてきた。しかし、現実にはMXテレビに限ったことではない。

お笑い芸人で、タレントのカンニング竹山(48)は、フジテレビ系の報道番組「直撃LIVEグッディ!」に出演して「そもそも150万円払ってテレビに出るっていうのが、それでいいの? っていうのもあるし、あんまり聞いたことがない形ですよ。テレビに出るのにお金払って出るわけないですから。基本ないですから」なんて言っていたが…果たしてそうなのか。

メインのMCで、しかも山本圭壱や小沢仁志クラスで「ノーギャラ」っていうのは、確かにあり得ない話だろうが、出演者の中には「プロモーションですから」なんて言われ、ギャラが支払われないケースなんて多々ある。しかし、それでも「出演したい」のだ。それがテレビなのかもしれない。

MXテレビのような独立系の放送局に限らない。各地の放送局はもちろん、在京キー局でも外部の制作会社からの持ち込み番組は多い。しかも、その番組では「番組出演広告宣伝費」と称して、制作費を徴収するケースもある。

実際に「(番組に出演するために制作会社に)50万円支払った」という新人歌手もいたし、音楽番組に出演する代わりに、レコード会社がスポットCMを出稿することは普通にある。しかも「音楽番組の場合は、歌手への出演料は支払っても、バックバンドには支払わないことはよくありますからね」(レコード関係者)。

結局、今回のMXテレビの「欲望の塊」の場合は、賞品だったスーパーカーは諦めるとしても、山本圭壱と小沢仁志の出演ギャラについては、(おそらく)出演契約書はないと思うが、番組自体は制作会社が委託を受けていた以上、とりあえず肩代わりするしかないだろう。

しかし今回、企画会社の責任者が自殺してしまったことも含め、再検証が必要だろう。少なくともMXテレビは「外部に任せた」とか「気づかなかった」なんて無責任なことを言っている状況ではなくなったことは確かだ。

さらに今後の取り組みとして、制作会社や番組内容を常にチェックする体制、さらに言うなら、そういったスキルを持ったプロデューサーを局として育てていくことが重要だろう。

あわせて読みたい

「TOKYO MX」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  2. 2

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  3. 3

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  6. 6

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  9. 9

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  10. 10

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。