記事

蔡英文「圧勝」韓国瑜「惨敗」と言い切れない「台湾総統選」本当の読み方 - 野嶋剛

1/2

[ブログで画像を見る]

 台湾の総統選・立法委員選挙が1月11日に終了した。現地の新聞各紙には「蔡英文、史上最高の817万票」「中国の一国二制度にノー」といった見出しが躍ったが、2週間余りを経て報道も一巡したところで改めて選挙結果を子細に分析してみると、必ずしもそれほど単純な構図ではないことに気づく。

 では実際に何が起きたのか。今後どうなるのか。深読みを試みてみた。

 今回の選挙について、見落とされがちな事実をいくつか指摘したい。

(1)高い投票率が、蔡英文「最高得票数」につながったが、得票率は2016年並で、2008年の馬英九当選時より低い。

(2)2016年より政党票を減らした民進党は今回の勝利を決して喜べない。

(3)対立候補の国民党・韓國瑜は「惨敗」ではなかった。

(4)台湾政治における統一・独立両派の「世代交代」が一気に進んだ。

馬英九を下回った得票率

 まず、蔡英文が得た817万票は確かに台湾の総統選挙史上、最高得票数である。

 しかし、得票率だけをみれば57.13%であり、2008年に国民党の馬英九が当選したときの58.44%には及んでいない。

 投票率を比べると、今回は74.9%で、2008年も同様に76.3%と高かった。ただ、今の方が有権者数の母数が約200万人多いので、蔡英文の得票数が上回った形である。

 得票数を有権者数で割った絶対得票率を比べても、今回の蔡英文の42.3%は、2008年の馬英九の44.2%を下回っている。

 こうみると、蔡英文は2016年の総統就任後、2018年の統一地方選の大敗までの3年間で大きく失った民進党への支持を、香港情勢の追い風などもあってどうにか2016年時点まで回復させた、というのが現実的な評価ではないだろうか。

 ただ、馬英九が2期目の当選を果たした2012年総統選での得票率は、初当選時より約7ポイントも少ない51.60%だった。そのことを考えれば、蔡英文が今回、得票率を2016年の初当選時の56.12%より1 ポイント上積みしたのは、十分な結果だと見ることもできる。

立法委員選「勝利」の立役者は少数政党

 すでに民進党内では2024年の次期総統選挙の候補が取り沙汰されているが、現状では、頼清徳・副総統と鄭文燦・桃園市長の2人に絞られたといっていい。ベテランの域に達した頼清徳と「中堅世代の逸材」との呼び声が高い鄭文燦のレースはまだ始まったばかりで予想は難しいが、世代交代の様相も呈しながら、今後の台湾政治の焦点になるだろう。

 一方、大きく株を上げて、個人としての影響力を高めた蔡英文とは対照的に、民進党に対する支持は十分に回復したとは言えない。その点がよく表れたのが、立法委員選の比例区における政党得票率だ。

 ここでの民進党の得票率は33.98%と、国民党の33.36%とほとんど同じであった。獲得した比例区の議席もともに13議席で互角である。2016年の立法委員選で民進党の比例区政党得票率は44%に達していたので、10ポイントも政党票を失ったことになる。

 それなのに、立法院の過半数をなぜ民進党は占めることができたのか。

 それは、グリーン陣営のなかの小政党を意味する「小緑(リトル・グリーン)」と呼ばれる小政党では、小選挙区で当選できるような候補の育成ができていないので、小選挙区での彼らの票が「非国民党」という形で民進党の候補に流れたからである。

 比例区における政党得票率では、「台湾民衆党」(11.22%)、「時代力量」(7.75%)、「台湾基進党」(3.16%)、「緑党」(2.41%)など、「小緑」の得票率は全体の25%に達している。決して無視できる数字ではない。

 台湾民衆党を「小緑」としていいかどうか、小政党同士の連携が可能かどうか、などの問題はあるが、仮にもし次回「小緑」がまとまるような候補が出てくる事態を想像すると、民進党は内心穏やかではないだろう。

「戦犯」というほどの負け方ではない

 今回、蔡英文の勝利においては、国民党の韓国瑜が候補者として不適格であった、という指摘が相次いだ。確かに韓国瑜は物議を醸す言動も多く、適格性を疑がわれても仕方のない面があった。ただ、選挙戦終盤では、巧みな演説などが支持者からおおむね好評であり、得票率は38.61%に達した。

 得票数では550万票を超えており、立法委員選・比例区における国民党の政党得票数より80万票も多くなっている。

 前回総統選の国民党候補だった朱立倫の得票率31.04%を7ポイント上回っており、国民党からすれば「戦犯」というほどの負け方ではない。むしろ韓国瑜が「自分は党勢復調の功労者」と主張する可能性もあるだろう。

  今回の敗北の責任を負って、党主席であった呉敦義が辞任することを明らかにしている。次の党主席は誰が担い、どのような路線で民進党と戦っていくのか。

 その議論は、安定感のある朱立倫と、高雄市長として今後も話題を集める韓国瑜の2人を中心に展開していくことになるだろう。少なくとも、韓国瑜が今後の台湾政治において一定の影響力を保つことができる結果を残したことは銘記されていい。

あわせて読みたい

「台湾総統選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  4. 4

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  5. 5

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  6. 6

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  7. 7

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  8. 8

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  9. 9

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。