記事

日弁連・憲法動画コンテスト銅賞が渋い

タレントさんで広報するのもいいと思うけど、こうした動画も貴重だ。



この動画で示唆されている世界は、戦前の検閲、拷問、神道国教などを想起するし、現代でも移転の自由や職業選択の自由がない国家は身近なところに見られる。決して絵空事ではない。

そして、「個人」という言葉を追放したり基本的人権よりも公益を重んじる憲法改正案とか、公共の福祉という言葉を本来の意味に関係なく振り回す「解釈」論とか、そういった方向に進みがちな方々は、是非とも自由の貴重さを再認識していただきたい。

自由を否定する言論も自由、というのは民主主義・自由主義の最大の矛盾と言ってもよいが、自由を否定する言論それ自体が自家撞着を犯している。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  7. 7

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  10. 10

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。