記事

教員も学生もあきらめムード…日本の大学は「“大卒”資格を得るためだけ」?

1/2

 少子化に伴い、今や全国で194の大学が定員割れ、私大の3割が赤字という現実がある。生き残りをかけ、東北大などでは構内の移動手段として電動キックボードを導入、慶應義塾大学では宅配ロボットによるコンビニ商品の無人配送実験を行うなど学ぶ環境を充実させるべく力を注いでいる。

 志願者数で6年連続日本一を誇る近畿大学では、蔵書に2万冊の漫画を含む「アカデミックシアター」、さながらショッピングモールのフードコートのような食堂を相次いで整備。さらに英語ニュースが常時流れる「CNN Cafe」や日本語禁止のカフェ、卒業生のつんく♂氏がプロデュースする入学式を実施するなど、学生集めの施策に余念がない。


 他方、年初には立命館大学の「立命館から、アメリカ大統領を。」という新聞広告が炎上。「こんな広告に莫大なお金かけるならもっと大学自体を充実させて欲しい」「私たちの学費をこんな形で使われたくない」「日本からアメリカ大統領なんて生まれるわけないだろ。こんなんで、この大学に入りたいと思うわけない」と、現役学生たちから批判を浴びた。

 また、今年4月からは低所得世帯の一部を対象に大学無償化がスタート。センター試験も「大学入学共通テスト」と名前を変えるなど、大学は変革の時期にあるが、「大学レベルの勉強ならオンラインで充分」との観点から、「そもそも大学に行く意味ある?」という意見も無視できなくなっている。


 去年、大学を自主退学、来月からは海外の大学に編入することを決めた田原克哉さんは「生徒が授業にあんまり意欲的じゃなく、先生が“なんか意見のある人、手を挙げて”と言っても誰も反応しない。そういう状況に対して、先生もほとんど諦めている。もはや“最低限、単位が取れればいい”っていう構造になっている。日本の学生は大教室に入ったら後ろから席を詰めていく。向こうの大学は前の方から詰めていく。先生の話を遮って質問するくらい積極的に発言する。そういう所が違うんじゃないかと思う」。

 さらに田原さんは「昔の大学は勉強ができる人や勉強を究めたい人が行く特別な場所だったと思う。それが大学に行くことが当たり前になり、大学を卒業しないと就職ができない社会になってしまった。その意味で、大学は必要だと思うが、そのために誰にでも入れるように大学を用意しすぎて、全体のレベルが下がってしまっている。もう一度、大学の意味をしっかり考えるべきではないか」と指摘した。


 実際、大学への進学理由を訪ねたアンケート調査では「学びたい学問・資格のため」が29.43%なのに対し、「就職のため」(30.42%)、「大卒の学歴を取得するため」(15.21%)、「まわりが進学するため」(5.49%)といった結果も出ている。ただ、大学4年間にかかる費用は、国立大学で約242万5200円、私立大学(平均)では文系が385万9543円、理系が521万7624円と、経済的負担は決して少なくない。

 大学ジャーナリストの石渡嶺司氏は「大学からするとアンタッチャブルな話しで、やはり受験料などは結構大きな収入になる。30~40年前は4年制大学への進学率は30%台だったが、今は50%に達している。一方、4年制大学の数は20年前に比べて300校くらい増えている。国立大学の統合などの例を除いて、経営難で潰れたり募集停止になったりした大学はせいぜい15校くらい。意外と潰れそうで潰れないというのが4年制大学だ」と話す。

その上で「2007年に大学設置基準が改正になり、出席が厳しくなっているので、極端な話、昔の学生のように大学に一切行かずにアルバイト三昧・サークルや飲み会ばかりでもいい、ということはない。特に夢もない、やりたいこともはっきりしない。でも大学4年間の出会いの中から面白いと感じるものを見つけていく学生も多いと思う。それを考えれば、こうした費用もそこまで高いものではないのではないか」との考えを述べた。

あわせて読みたい

「大学教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  2. 2

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  3. 3

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  4. 4

    「大企業の倒産」が招く負の連鎖

    大関暁夫

  5. 5

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  6. 6

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  7. 7

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

  8. 8

    富士フ臨床試験開始 増産も準備

    ロイター

  9. 9

    渡邉美樹氏 持ち帰り注文を嘆願

    わたなべ美樹

  10. 10

    バーに風評被害? 小池知事を批判

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。