記事

米中に甘い蜜を吸われるIR誘致 国産カジノは丁半博打で勝負せよ

Photo by Kay on Unsplash

あのさ、オレはカジノ賛成派なんだ。その話はあとでするけど、日本にカジノを作る作らないは大きな問題になってる。このカジノ問題、自民党の秋元衆院議員が汚職で逮捕されて、維新の会の下地議員も賄賂受け取りを認めたり、いったいどこまで汚職は広まってんのかね。

逮捕された秋元って議員だけど元々評判よくなかったよ。オレの知りあいに以前、秋元議員を紹介されたって人がいてさ、その時の印象を聞いたけど、衆議院議員であることを何かと鼻にかけるようなタイプで、何でも自分に言ってくれれば出来るみたいな、安請けあいなことを口にする人物だったってさ。見るからに軽くチャラチャラしてたって。人は見かけによるのかね・・・(苦笑)。

「カジノ構想やめるべき」世論調査で過半数超え

この秋元議員が逮捕されて以来、カジノ推進構想はすっかり旗色が悪いな。先日発表されたNHKの世論調査でも、それがハッキリ出てたよ。

Q:カジノを含むIR=統合型リゾートの整備を進めるべきか

「進めるべきだ」25%
「やめるべきだ」54%


※(2020年1月14日発表 NHK世論調査より)

これ、さらなる内訳を見ると、与党支持層であっても「進めるべきだ」が34%、「やめるべきだ」が47%で、反対のほうが多いんだから、ここから先、自民党と公明党がカジノ構想をゴリ押しするかどうかだな。

Getty Images

横浜もカジノ誘致でモメてるよな。林文子さんって市長はずっとカジノ賛成だったけど、3年前の市長選挙の前に「カジノ誘致は白紙化」と立場を変えて、カジノ反対派の支持を集めて再選されたんだろ。そのあとほとぼりが冷めたらやっぱりカジノ賛成って・・・、そりゃあ絵に描いたタヌキ、イカサマだよ(笑)。

林市長も他では市政の実績があるんだろうけど、カジノ誘致に関する二枚舌には市民が呆れちゃってるらしいな。横浜はどうなっちゃうんだろうね。報道を見てるとさ、横浜の港一帯で強い影響力を持つ「ハマのドン」こと藤木さんって横浜港運協会の会長さんは、カジノ誘致に大反対なんだよな。

横浜で大きな事業を進めようとしたら、この藤木さんって人が首をタテに振らないと動かないって話だろ。御年89歳だってね。ハマの長老だ。横浜スタジアムの取締役会長もやってるんだよな。横浜エフエムの社長もやってるの? あのね、ラジオは大切だよ(笑)。

藤木さんって林市長の後援会長もやってるんだよな。だから、カジノを巡る話では白紙化だって言うから応援したのに、コロッと手の平返されたわけで、「林市長に顔に泥を塗られた」「反対派の最後の一人になっても、命を張っても反対する」って対立状態だ。

「横浜の眠りを覚ますIR(アイアール)」

で、なんだかんだで林さんのバックについてるのが菅官房長官だろ。菅さんは横浜市議出身で神奈川2区、同じ地元だもんな。でもって、カジノ誘致で菅さんのバックにいるのがアメリカのカジノ企業とトランプさんって話だ。

だからこれ、横浜港に黒船来航っていう見立てになるんだよな。横浜港を仕切る藤木会長はカジノ反対。そこにアメリカのカジノ屋が差し向けた黒船に乗った菅さんと林市長が開港を迫る。果たしてこの黒船はどうなることやら。

幕末にペリーが黒船で浦賀に来た時、幕府と世間が大騒ぎになった。その様子を詠んだ有名な狂歌があるよな。「泰平の眠りを覚ます上喜撰(じょうきせん) たつた四杯(しはい)で夜も眠れず」ってね。「上喜撰」ってのは当時のお茶だ。飲むと眠気が飛ぶ。それに「蒸気船」が掛かってる。よく出来た文句だよ。これに現代をなぞってこんなのどうだい?

「横浜の眠りを覚ますIR(アイアール) 愛があるのはどちらかな」

なになに、横浜では最近、林市長のリコールに向けた準備運動が始まったの? ああいう署名ってどれぐらい集めりゃいいの? ほうほう、横浜市の有権者の6分の1で、約50万人分か。それを今年の夏にも集めようって動きなんだ。そりゃ注目だな。横浜で「IR」ってのは、「(I)イカサマ市長を(R)リコールしよう」の略になったりしてな(苦笑)。

外国人専用の洗練されたカジノなら賛成

BLOGOS編集部

オレは先に言ったようにカジノ賛成派なんだ。以前、韓国ソウルのカジノ「ウォーカーヒル」に行ったことがあってさ、観光で訪れた外国人専用で、雰囲気も洗練されててね、サービスも行き届いてるし、落ち着いた大人が楽しめる空間だった。

競馬や競輪や競艇が大衆的でいつでも行ける居酒屋だとすると、カジノはオシャレなレストランでありBARだよ。日常的に入りびたる場所ではなく、たまに観光気分で行って、羽を伸ばしてくる場所というイメージだな。だから、ウォーカーヒルみたいなカジノがきちんと成立するなら・・・という条件付きで、日本でのカジノも賛成っていう立場だな。

現段階では国内3か所を候補地にするって話なんだよね。その有力な候補が横浜、大阪、長崎だって噂だ。これに関しては、ちょっとどうかなって思うんだ。

というのは最近さ、ベトナムに観光に行ってきた知りあいがいてね、旅のみやげ話を聞いたらさ、行った先に離れ小島がいくつかあって、ロープウェイで島から島へ渡るんだって。

その島のひとつが小さなディズニーランドみたいになってて、そこに着くと隔離された非日常の空間になってる。海に囲まれてるから安易に外には行けない。リゾート気分を楽しもうとすると、そこでお金を使いましょうってことになる。よく出来てるんだよ。

だから日本もね、もしカジノを作るならってことだけど、日常から続く地続きの場所でなく、どこか離れ小島のような場所に船で渡るとか、閉鎖した異空間、非日常の空間がいいと思う。地続きだと、子どもや未成年がたやすく近づけるだろ。敷居が低い公営ギャンブルとは一線を画して、カジノはあらゆる面で敷居を高くするべきだよ。

背景に米中代理戦争の利権争い

AP

あとさ、今、報道されているのは中国企業からの賄賂問題だけど、カジノ構想の裏には元々アメリカのトランプさんとカジノ企業がいるんだよな。つまる話、日本を舞台にした利権争い、米中代理戦争の様相だ。

だけどアメリカだろうが中国だろうが外国に甘い蜜を吸われるのは、何だかシャクだよ。いっそのこと日本も国産のカジノを開発したっていいんじゃないの? 日本の歴史をひもとけば、江戸時代は名だたる侠客がいて、博打を仕切ってたんだから。清水次郎長、国定忠治、大前田英五郎、なんて講談浪曲ではおなじみだ。

写真AC

丁半、オイチョカブ、チンチロリン・・・、日本古来のギャンブルを現代に甦らせたりしてね。ルーレットのディーラーにあたるのが、丁半のツボ振りだ。東映映画なら「緋牡丹博徒」の藤純子(富司純子)さんだな。片肌脱いだイイ女だよ。サイコロを指に挟んだ手を掲げ、華麗な手つきでツボにサイを投げ込んで颯爽とツボを振る。「どちらさんもよござんすね、さあ、丁か半か、張った張った!」なんてね。

あとさ、ルーレットなんかも外国製のモノを使わずに、日本の宮大工が腕をふるって、国宝にしたくなるような細やかな細工を彫りこんでね、回転するホイールを作ったらいいよ。色は赤と黒だろ、赤は漆(うるし)で黒は墨だ。ボールは国産の真珠で作ったりしてね。日本の伝統を取り入れた日本独自のスタイルのほうが、世界を相手にウケるんじゃないの?

とにもかくにもカジノ問題、この先どうなるかわからないけど、多くの日本人が納得する方向になればと願うばかりだよ。

(取材構成:松田健次)

あわせて読みたい

「カジノ解禁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。