記事

閑古鳥の街 熱海を再生したUターン40歳の正体

1/2

1970年代、熱海は企業の社員旅行先として活気に溢れていた。しかし、旅行が団体から個人にシフトして観光客が減少。働く場所がなくなり、町の人口も減少の一途をたどっていった。いま、その熱海が賑わいを取り戻しつつある。一時250万人を切っていた観光客数は、300万人台に回復。その立役者の1人が、空き店舗のリノベーション事業で町おこしをする市来広一郎氏だ。地方創生の鍵はどこにあるのか。田原総一朗が熱海を訪ねた――。

シャッター街を活気づけた秘策

【田原】市来さんは熱海のお生まれだそうですね。


machimori代表取締役 市来広一郎氏

【市来】はい。両親が熱海にある保養所の管理をしていたので。保養所は僕が大学2年生のときに閉鎖になりましたが、両親はいまも熱海です。

【田原】学校は東京都立大学の理学研究科。将来は物理学の研究者になりたかった?

【市来】そうですね。でも、学生のときに旅の面白さに目覚めて国内外を回っているうちに、社会にもう少しダイレクトに関われることをやっていきたいと考えるようになりました。

【田原】就活は、外資系のコンサルタント会社の内定が決まるも、その会社がIBMと合併して、IBMに入社する。

正直、充実感はなかった

【市来】最初の半年ぐらいはプログラマーみたいな仕事をしていました。大学院のときもプログラミングはやっていたので苦ではなかったのですが、正直、充実感はなかったですね。大きな仕事の一部分をやるのは、手ごたえが感じられないというか……。


市来広一郎●1979年、静岡県生まれ、熱海育ち。東京都立大学大学院修了後、IBMビジネスコンサルティングサービス(現・日本IBM)に勤務。2007年に熱海にUターンし、地域づくりの取り組みを開始。11年、熱海の中心市街地再生を行うmachimoriを設立。

【田原】だいぶ悩まれたそうですね。

【市来】長期休暇を取ってミャンマーに旅行をしたら、みなさん本当にのどかで、ストレスなく暮らしているように見えました。僕の周りにはメンタルを病んでしまった人もいたので、ミャンマーみたいなところで暮らすのもいいなと。ただ、ミャンマーもいずれは経済発展して日本のようになるかもしれない。いまミャンマーで暮らすというのは僕の甘えだと考え直しました。

【田原】いろいろ悩んだ揚げ句、地元の熱海を何とかしたいという気持ちになったと。どういうことですか?

【市来】もともと会社に入る前から、いずれは熱海に帰って町を盛り上げたいという思いは持っていました。ミャンマーではなく、身近なところから変えていこうと考えたときに、やっぱり地元からだろうと。

【田原】ただ、すぐに熱海に戻ったわけではなかった。

【市来】IBMでワークスタイル変革プロジェクトが立ち上がって、それに手を挙げて参加しました。オフィスをフリーアドレスにしたり、ITを活用して業務効率化を進めるコンサルティングをする仕事です。その仕事は面白く、とてもやりがいを感じました。ただ、コンサルタントの仕事は、あくまでもお客様が求める方向性を実現すること。面白い仕事だったがゆえに、自分のテーマで当事者としてやりたいという思いも強くなりました。

【田原】それでどうしたの?

【市来】仕事をしながら、大前研一さんが創設した一新塾に通い始めました。大学院などではなく、より実践的に経営を学べるところに入りたいなと思って。

【田原】2007年3月、会社をお辞めになる。退職すれば収入はなくなる。躊躇しなかったんですか?

【市来】あまり損得は考えていなかったですね。とにかく熱海で何かやりたい気持ちが強くて、後先考えずに辞めて帰ってきてしまいました。

【田原】さあ、その熱海です。実は僕が最初に就職したのは日本交通公社(現・JTB)。当時は社員旅行が花盛りで、熱海は日本で一番繁盛していたんじゃないかと思う。それがどうして寂れてしまったのですか?

【市来】いまおっしゃったように、熱海は社員旅行や団体旅行など法人の需要で成り立っていました。しかし、個人旅行が中心の時代になり、海外も含めて気軽に遠くに行けるようになってきた中で、熱海が選ばれなくなっていきました。

熱海は観光客だけじゃなくて人口も減った

【田原】たしかに東京に近いことが熱海の最大のメリットでした。ただ、熱海は観光客だけじゃなくて人口も減った。それはどうしてですか?


田原総一朗●1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業後、岩波映画製作所へ入社。テレビ東京を経て、77年よりフリーのジャーナリストに。著書に『起業家のように考える。』ほか。

【市来】観光の需要が減るにつれて旅館やホテルがなくなり、働く場所がなくなっていったからだと思います。熱海の人口のピークは約5万4000人。住民票を移さなかった人を加えると、7万人近かったという話もあります。それがいまは3万6000人まで減っています。

【田原】そんな熱海でまずは何から始めましたか?

【市来】熱海に帰ってきてわかったのは、住んでいる人が地元の魅力をわかっていなくて、熱海をネガティブにとらえていたこと。町が衰退していったので自虐的になっていたのだと思いますが、考えてみると僕自身、故郷を長く離れていて熱海の面白さがよくわかっていなかった。そこでまず熱海で面白い活動をしている人を取材して、ネットで発信することから始めました。

【田原】それは観光客より、地元の人向け?

【市来】そうです。情報も観光以外のもの、特に新しい商売を始めた人や地域づくりの活動をしている人など、人を中心に取り上げて発信しました。

【田原】たとえばどんな人がいたの?

【市来】南熱海で日帰り温泉をやっている山本進さんは、荒れ地を開墾して棚田をつくり、地元の小学生に田植え体験をさせるという活動をやっていました。実は山本さんへの取材がきっかけで、「チーム里庭」という活動に発展。これは使われずに荒れてしまった農地を再生して、熱海に移住してきた人が別荘を持つ人に使ってもらうコミュニティです。

【田原】そもそも、どうして農地が荒れてしまったのですか? 観光とは関係ないよね。

【市来】ほとんどが兼業農家のミカン畑だったんです。ミカンは価格がどんどん下がるし、高齢化の影響もあって、農業をやめる人が多かった。

【田原】それで休耕していた農地を、新しい住民に使わせると。

【市来】はい。最初は体験イベント的でしたが、ちゃんと畑を借りてやりたいという人もけっこう出てきました。いまも活動は続いていて、会員は10~20人くらいいます。

【田原】次は「オンたま」という活動を始めた。これは何ですか?

【市来】もともと別府で「別府八湯温泉泊覧会」、略して「オンパク」という活動がありました。これは地域の資源を活用した体験ツアーを、地域の方々向けに提供する活動です。僕が東京で一新塾に通っていたころに「オンパク」の話を聞いて、いつか熱海でもやりたいと思っていました。それで09年、地元を楽しむ体験ツアーの「熱海温泉玉手箱」、略して「オンたま」を始めました。

【田原】具体的にどんなツアーを?

あわせて読みたい

「観光産業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  3. 3

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  4. 4

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  5. 5

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  6. 6

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  7. 7

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  10. 10

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。