記事

自らの強みを消す政策 - wasting time?

イギリスの強さとは何だろうか?

ひとつはロンドンという都市であることは間違いない。情報が大量に集まる街。世界のトップクラスの金融街でありおおくの人種が集まるコスモポリタンな街である。

もちろん、そのせいで古きよきイギリスというものが消えてしまっている面もあ。が、そもそもイギリスの歴史を考えれば絵画や芸術などの分野では積極的に外国人を受け入れて登用してきた歴史もある。

そもそも外国人を能力があるものはドンドン受け入れるというのがイギリスのひとつの文化であると言えるだろう。とはいえ、EU間での移民が自由であるせいでイギリスにはドンドンと移民が流入し国民の不満が高まっている。また、各種のインフラが人口の増加においついていないとういのも事実である。その辺りで国民の不満もかなり高まっているようだ。
トップトレーダーの命縮める英ビザ大幅変更-5年で退去か

過去2年間に実施された変更のため、イントラ・カンパニー・トランスファー(ICT、企業内転勤)のビザで英国入りした従業員の滞在期間は最長5年に制限され、永住権が認められなくなった。クーリングオフ期間の導入で、新たにビザを申請する場合、こうした従業員は現在所持するビザが切れてから少なくとも12カ月は国外に出なければならない。

法律事務所マグラスのパートナー、ベン・シェルドリック氏は「多くの顧客がかなりのパニックに陥っている」と述べ、「政府は移民に厳しい態度を示したいのだろうが、それによって実際に減らすことができているように見受けられる数少ないグループの一つが多国籍企業がスポンサーとなっている高技能就業者だ」と指摘した

マグラスのシェドリック氏は「企業には、その組織独自の知識を持ち合わせた人材が非常に頼りになるものだ」とし、英国は「かつては効率性や永住権が得られる道筋の点で他国に比べかなり有利だったものだが、現在では制度変更によって明らかに不利になっている」と述べた。

もちろん移民を受け入れすぎると文化や社会における習慣というものを崩壊されかねない。それは事実でありそのコストは移民受け入れによる経済的利益としっかりと比較されねばならないだろう。

が、上述のようにイギリスにとっては移民の制限はネガティブな効果をもたらす可能性が高いだろう。問題だと思うのはEUからの移民が自由である一方で他の国からの移民を制限しなければいけないという矛盾だろう。

EUという大きすぎる政府の存在はあきれかにイギリスにとって重石なのではないだろうか?EUからの移民をしっかりと選別できるのならば上記のような変更は必要ないだろう。優秀な移民をひきつけるという戦略がこれからもうまくいくはずだから。

いずれにしてもイギリスはちょっと厳しい状況になっているといえるだろう。

wasting time?のブログ↓
ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ

あわせて読みたい

「移民」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  3. 3

    コロナ感染急拡大で日本医師会が緊急声明、全国への宣言検討を

    ロイター

    07月29日 20:40

  4. 4

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  5. 5

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  6. 6

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  7. 7

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

  8. 8

    菅首相 SNSでメダリストを祝福も感染爆発には“取材拒否”「総理辞めて」の大合唱

    女性自身

    07月29日 14:00

  9. 9

    部下に怖いと思われるのは、「等身大の自分」を分かち合えていないから

    サイボウズ式

    07月29日 17:00

  10. 10

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。