記事

なぜマスコミは実名報道にこだわるのか? メディアと社会との間にある意識のズレ - 佐々木 俊尚

1/2

 事件被害者の実名報道に対して、社会の批判が高まっている。マスメディアの側は「実名を報道することは、被害者の生きた証しを伝える意味がある」といった擁護論を展開しているが、正直なところ、これでは人々を説得できないだろう。メディアスクラムのような強引な取材手法がネットを通じて広く共有されるようになってしまっているからだ。


©iStock.com

 実名報道問題について考えるべきポイントは、2つある。第一には捜査当局とマスメディアの情報をめぐる「闘争」の歴史であり、第二には、情報というものの意味が21世紀のGAFAの世界では大きく変わってきているということだ。

 ひとつずつ説明していこう。まず第一の「闘争」について。これを理解するためには、警察や検察などの捜査当局と新聞やテレビの記者との関係を説明しておかないといけない。

夜回り取材の「権力監視」という役割

 新聞記者は殺人などの事件を取材し、記事を書く。しかし日中の捜査当局の記者会見だけでは、たいした情報は出てこない。当局は来たるべき刑事裁判のために秘中の秘の大事な情報はとっておきたいし、マスコミ経由で出る情報もできるだけコントロールしておきたいからだ。そこで記者は刑事の自宅を深夜こっそり訪問する「夜回り」と呼ばれる取材を行い、昼間のオフィシャルな場面では出てこない情報を探ろうとする。

 この夜回り取材は本当にたいへんで、たいていの場合は玄関で門前払いされる。数十回ぐらい訪ねていって、ようやく1度ぐらいは立ち話に応じてもらえる。それでも情報をすぐにくれるわけではない。そもそも刑事が職業上知り得た情報を記者に流すことは、法律違反である。それも承知のうえで記者は足を棒のようにして夜回りをかけ、刑事に取り入ろうとする。そうすると中には情にほだされる刑事もいて、断片的な情報を流してくれることがある。

 私も事件記者時代は夜回りは本当につらく、嫌だった。じゃあなぜそこまでして、記者はそんな取材をして情報を取ろうとするのか。もちろん第一義的には「スクープを獲りたい」という欲望がある。しかしそれだけではない。事件記者を経験すると先輩から叩き込まれるのは、「捜査当局内に情報のルートを作ることが、権力監視になる」ということだ。

捜査当局は情報をコントロールしようとする

 情報をなるべく隠そうとする当局に、記者はどう向き合うのか。警察や検察がなにか問題を起こした時に、その体質や偏向を正面切って批判することも大事だが、それだけでは当局はたいして傷つかない。その問題の「張本人」とされる責任者のクビを切って、一件落着にすれば終わりだからだ。当局にとっては幹部個人個人などは実のところどうでも良く、組織が生き残れるかどうかが最重要なのである。組織を生き残らせるためには、ひとりのクビを切ることなど容赦ないのである。

 捜査当局という組織にとっていちばん困るのは、情報が漏洩することである。情報漏洩が続くことは、組織の基盤を揺るがす。だから情報の漏洩に対しては、当局は徹底的に潰そうとする。しかし記者の夜回り取材までは潰しきれないから、新聞に出る情報をできるだけコントロールしようとする。

 記者がどのような情報を持っていて、それをどのようにして、どのタイミングで紙面化しようとしているのかを当局は知ろうとする。さらに言えば、いったい刑事の誰がどの新聞記者に情報を流しているのかをつかみたい。だから当局の幹部も新聞記者の夜回りをあえて受け、探りを入れようとする。

「そうだったのか! わかったぞ!」と叫んだ捜査一課長

 実際には、捜査当局幹部はこんな仕掛けまで行っている。部下の刑事たちに一律の情報を教えるのではなく、たとえばA刑事には情報Aを教え、B刑事にはそれと異なる情報Bを教える。そして翌日、幹部宅に夜回りにやってきた記者が情報Bをぶつけてくれば、「なるほど漏洩していたのはB刑事か」ということがわかってしまう。

 私もこういう経験は何度となくした。夜回りで情報を入手し、翌日の夜に警視庁捜査一課長に「こういうネタがあるのですが…」と切り出すと、ときたま一課長の眼がぎらりと光る時があった。「なぜそれを知っているのか」と驚くのではなく、「ほお、なるほど」という変に肯定的な反応だったのだ。

 私の先輩記者には、ネタを捜査一課長に当てたところ「なるほど、そうだったのか! わかったぞ!」と叫ばれた体験を持つ人もいた。ようやく流路を突き止めることができ、内心の喜びを隠しきれなくて口に出してしまったらしい。

 このようにして情報の出所をあぶり出し、あぶり出したネタ元の刑事は左遷して潰し、すべての情報を自分のコントロール下において記者に直接小出しにしていく。記者の側はこのコントロールから逃れて、絶対にばれない情報源を作ろうとする。当局の情報コントロールを受けず、いつでも当局内部から情報を得られるようにしておくことが、重要な権力監視になり、当局の権力の横暴を抑止する力になるのだ。実際、当局の不祥事などがこういう情報源から得られ、それが報じられたケースは過去にたくさんある。

 当局の幹部は、政治的な理由や保身などで時に意図的なリークを行うこともある。記者の側がこのような意図的リークに乗せられてしまうと、当局にコントロールされてしまうことになりかねない。だから私は事件記者時代、「幹部からだけネタを取るのではなく、下から取れ」「巡査部長や警部補からネタをとれてこそ、本物の事件記者だ」と教育された。幹部の意図的リークに乗せられず、「下から取る」ことこそが権力監視になるという哲学なのである。

あわせて読みたい

「実名報道」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  2. 2

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  3. 3

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  4. 4

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  5. 5

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  6. 6

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  8. 8

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  10. 10

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。