記事

選択的夫婦別姓についての杉田議員のヤジ

22日の衆議院代表質問で、国民民主党の玉木代表が、選択的夫婦別姓の導入を訴えた際に、議員席から「だったら結婚しなくていい」とヤジが飛びました。

玉木氏が、若い男性が交際中の女性から「姓を変えないといけないから結婚できない」と言われたというエピソードを紹介し「夫婦同姓が結婚の障害になっている」と指摘した際に、ヤジが飛んだということです。

野党は、翌日の衆院議員運営委員会の理事会で事実関係の確認を求めましたが、自民党は答えていません。

野党は、ヤジを飛ばしたのは、自民党の杉田水脈(みお)衆院議員とみられる、としています。

ところが、杉田議員は、メディアの質問に、わざとらしく電話をしながら、全く答えていません。

杉田議員は、LGBTは子どもを産まないから生産性がない、と月刊誌に書いた人物です。

とんでもないヤジですが、考えがあってのことなら、しっかり話をするべきです。

トップの安倍首相が、聞かれたことに答えず、はぐらかしてばかりいると、議員にも伝染するのでしょうか。

24日には、立憲民主、国民民主、共産の衆院議員6人が、ヤジの発言者を特定して、謝罪と撤回を促すよう衆院事務局に、大島議長宛の文書で申し入れをしました。

私も入っているmネット・民法改正情報ネットワークは、2月27日(木)11時15分から、衆院第二議員会館1階多目的会議室で「民法改正は与野党の枠を超えて!~選択的夫婦別姓を求める院内集会」を予定しています。

日本弁護士連合会が共催する予定とのこと。

夫婦別姓を選択したい人が選択できるように民法を改正することは、多様な価値観を認める、豊かな社会への道だと考えています。

民法の結婚と離婚の法律の見直しは、戦後1948年に家制度が廃止され、夫婦の地位が平等とされた大幅な改正以来、行われていません。

民法学者だった父の加藤一郎が法制審議会民法部会長だった時に答申を出していますが、自民党内の反対が強く、政府案としては提出されませんでした。

国会では、野党が再三、改正案を提出していますが、ほとんど審議されていません。

今や、夫婦同姓を強制しているのは、世界で日本だけです。

別姓を望む理由としては、姓が変わると築いてきた実務や信用が途切れて不利益をこうむる、姓を変えると自分が自分でなくなったようでアイデンティティーを喪失する、女性が97~98%姓を変えているので実質的に男女平等にする、国際的にも別姓が認められている等です。

ひどいヤジですが、せめてこの機会に民法改正の議論にはずみがつくことを、願っています。

あわせて読みたい

「夫婦別姓」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  2. 2

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  3. 3

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  4. 4

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  5. 5

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

  6. 6

    飲食店苦境「家賃、人件費重い」

    東龍

  7. 7

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    緊急事態宣言へ 7都府県で1か月

    ロイター

  9. 9

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  10. 10

    東京感染者 4日で倍増すれば危険

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。