記事

習近平氏の「国賓問題」(その 2)。尖閣への侵入、23日連続

  中国の「公船」(事実上の軍艦)が、日本固有の領土「尖閣諸島」に23日連続侵入している。いくら12月下旬、首脳会談で安倍総理から習近平主席に注意しても、いくら日本の海上保安庁が叩き出しても、中国は止めようとしない。こういう国の指導者をわが天皇陛下に会わせて、国民は喜ぶだろうか、世界は日本を褒めるだろうか。

  私の主張はただひとつ、来る以上は「きちんと身動(じろ)いを正しなさい」ということで、国賓問題も「尖閣で改善するなら歓迎、改善しないなら反対」という立場。

  私は日本一(又は政界一)の尖閣諸島、東シナ海「ウオッチャー」を自任していますが、4、5年前と比較して、最近の尖閣侵入頻度はもはや度が過ぎており、中国の戦略的な侵略意図は明らか。私は外務省、防衛省には都度そのことを警告しているが、改善は見られない。

あわせて読みたい

「日中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  2. 2

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  3. 3

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  4. 4

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  5. 5

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  6. 6

    日韓の人口あたり感染数は同じか

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  9. 9

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  10. 10

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。