記事

習近平氏の「国賓問題」(その 2)。尖閣への侵入、23日連続

  中国の「公船」(事実上の軍艦)が、日本固有の領土「尖閣諸島」に23日連続侵入している。いくら12月下旬、首脳会談で安倍総理から習近平主席に注意しても、いくら日本の海上保安庁が叩き出しても、中国は止めようとしない。こういう国の指導者をわが天皇陛下に会わせて、国民は喜ぶだろうか、世界は日本を褒めるだろうか。

  私の主張はただひとつ、来る以上は「きちんと身動(じろ)いを正しなさい」ということで、国賓問題も「尖閣で改善するなら歓迎、改善しないなら反対」という立場。

  私は日本一(又は政界一)の尖閣諸島、東シナ海「ウオッチャー」を自任していますが、4、5年前と比較して、最近の尖閣侵入頻度はもはや度が過ぎており、中国の戦略的な侵略意図は明らか。私は外務省、防衛省には都度そのことを警告しているが、改善は見られない。

あわせて読みたい

「日中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  2. 2

    GoTo まと外れの政府説明に呆れ

    青山まさゆき

  3. 3

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  4. 4

    「GoTo中止を」SNSで批判が殺到

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  6. 6

    合宿所でSEX 韓国アイドルの暴露

    文春オンライン

  7. 7

    お笑い芸人がNHK辞めYouTuberに

    たかまつなな

  8. 8

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    修学旅行中止でGoTo推奨する矛盾

    原田 謙介

  10. 10

    やる気ない安倍政権に怒る尾身氏

    メディアゴン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。