記事
  • S-MAX

秋吉 健のArcaic Singularity:ビデオゲーム・クライシス!香川県のネット・ゲーム依存症対策条例案から規制のあり方や正しい関わり方について考える【コラム】

1/2


香川県の条例案問題からゲームと子どもの関わり方について考えてみた!

香川県議会は1月20日、子どもたちのネット依存やゲーム依存を防ぐ目的で、コンピューターゲーム(ゲーム)の利用時間を1日60分までとするルールなどを遵守させるよう、保護者に努力義務を課す「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例」の素案をまとめました。

このニュースはすでに多くのメディアで伝えられており、みなさんもよく知るところかと思います。当初はスマートフォン(スマホ)利用やインターネット(ネット)依存も含めた対策として「スマホの利用を60分までとする」という内容でしたが、反響の大きさやさまざまな意見が寄せられた結果、20日に「ゲームの利用は1日60分、スマホ利用は義務教育終了前(中学生)までが午後9時まで、それ以外の子ども(高校生以上18歳未満)は午後10時まで」とする形に修正されたものです。条例は4月1日の施行を目指しています。

2018年、WHOによってゲーム依存症(またはゲーム症/ゲーム障害)が疾病として採用されたことをきっかけに、日本国内でもゲームをどのように取り扱うのかについて大きな議論が度々起きていますが、今回の香川県の条例は非常に極端な例だと言えます。世論や多くのメディアの反応は「やりすぎだ」、「時代に逆行している」といった意見が多いように見受けられますが、この条例の何が問題であり、ゲーム依存症とどのように向き合うのが適切なのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は香川県の条例案を中心に、ゲーム依存症との向き合い方や子どもたちにとってゲームがどのようなものであるべきかを考察します。

as-112-002
ゲームは1日1時間!と言われたら……みなさんはどうしますか?

■極端な制限を盛り込んでしまった条例案

まずは条例案の概要です。条例案では子どものネットおよびゲームの利用について、県や国、学校・教育機関、そして保護者への責務を掲げていますが、その多くは子どもの健全な成長を支援し、ゲーム依存を起こさせないための理念や概要となっているものの、一部の条項が問題とされました。

その問題があるとされた条項は、第11条と第18条です。

子どものゲームやスマホ利用に関する条項は第18条で、前述したようにゲームの利用時間は60分まで、中学生までのスマホ利用は午後9時まで、高校生以上18歳未満のスマホ利用は午後10時までに制限するという、非常に厳しい内容です。

この制限は飽くまでも「ルールを遵守させるよう努めなければならない」とする努力義務にあたるもので、法的な拘束力や罰則はありませんが、家庭内だけではなく学校などの教育機関においても条例を基本とした教育が行われるようになることを考慮すると、完全に無視し続けることは難しいでしょう。

そして第11条では、「インターネットを利用して情報を閲覧(視聴含む。)に供する事業又はコンピュータゲームのソフトウェアの開発、製造、提供などの事業を行う者」を対象に、「県民がネット・ゲーム依存症に陥らないために必要な対策を実施するものとする」と、より強い表現で明言されています。

as-112-003
「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)(素案)」より第18条を抜粋

as-112-004
「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)(素案)」より第11条を抜粋

いずれも、広くゲームを普及させ子どもたちの活躍の場としていこうという時代的な流れから大きく後退した内容となっており、最初に条例案を読んだときは「どうしてこうなった」と疑問符りが浮かびました。

■ゲーム依存症は、県単位で対策を行うべき障害なのか

そもそも、ゲーム依存症とは一体何でしょうか。WHOが2018年6月18日に公表した 国際疾病分類・第11版(ICD-11)によれば、

1. ゲームをすることに対する制御の障害(例:開始、頻度、強度、持続時間、終了、状況)

2. ゲームに没頭することへの優先順位が高まり、他の生活上の利益や日常の活動よりもゲームをすることが優先される

3. 否定的な(マイナスの)結果が生じているにもかかわらず、ゲームの使用が持続、またはエスカレートする

このようになっており、物質使用症(障害)や嗜癖行動症(障害)、また衝動制御症の1つとして新たに追加されたものです。

しかし、その症状については「ゲーム症(障害)は、デジタルゲームやビデオゲームの活動に携わる人のほんの一部にしか影響しない」ともしており、ゲームを遊ぶ大多数のユーザーに当てはめて考えるべきものではないことも言及されています。

少々話が脱線しますが、香川県と言えばうどんが有名です。県をあげて特産品や名物としてのアピールを大々的に行っていますが、一方で高脂血症の罹患率や糖尿病による死亡率が全国ワーストレベルであることでも有名です。

もし病理的な理由を根拠とするなら、「うどん県を自称するほどうどんを過剰摂取していることと糖尿病による死亡率には因果関係が十分考えられるため、うどんは1日1玉に制限。関連事業者はその提供にあたり必要な対策を実施するものとし、家庭においても努力義務とする」と指定しているようなものです。

うどんに起因すると思われる糖尿病とその死亡率は、ゲーム依存症よりも余程重篤な状況にあると思われますが、そのために今回の条例案のような厳しい規制が課せられている様子は見られません。

少なくとも、長年に渡り重大な疾病を抱え有効な改善策も打てないままに、「うどん県」などと調子の良いことを言って県外にアピールできるほど余裕のある状況ではないはずです。

さらに言えば、ゲーム依存症においては統計的な根拠にも乏しい点が挙げられます。WHOでも「ほんの一部」としているように症例はレアケースであり、香川県が際立ってゲーム依存症率が高いとか、全国単位でもゲームプレイヤー全体に占めるゲーム依存症患者の割合が大きく問題視されるような状況にあるとは思えません。

県内すべての家庭に制限への努力義務を課すことは過剰介入のようにも感じられ、場合によっては人権侵害やプライバシーの侵害にも抵触するかもしれない問題となっています。

as-112-005
糖尿病ネットワーク」より、糖尿病による死亡率を抜粋。香川県は糖尿病による死亡率がワースト3となっている

「糖尿病対策が甘いのだからゲーム依存症にも甘くしろ」と言いたいのではありません。本条例案では子どもの健全な成長を守るための意識づくりや環境づくりについても多くの条項が設けられ、その理念が旨とする部分は一定の理解ができます。

しかし、その「対策」としての手法もしくは手順が極端すぎる上に、思考停止に近い後ろ向きな案である点が問題だと考えるところです。

一部の子どもがゲーム依存に陥る「可能性がある」からと、全ての家庭にその使い方や時間制限まで課すのは過剰ではないでしょうか。また、その制限を行うため、ゲーム開発企業や販売店に十分な対策を求めるというのも、県単位で行うべき事柄ではありません。

例えば、香川県内で販売されるゲームソフト(ゲームアプリ)に対し、「18歳未満で、なおかつ香川県民の場合、ゲームの起動時間を1時間に制限し、さらに午後9時以降は起動できないように制限する仕様を入れる」といった面倒を、ゲームメーカーは快く行うでしょうか。

こういったゲームシステムへの変更や追加修正はバグの原因にもなりやすく、また時間制限到達時のゲーム終了プロセスをどうするのかといった多くの問題が追加されるため、ゲーム開発者が非常に嫌うところです。となれば、ゲームメーカーや小売店が取る、簡便でバグの起こりにくい対策は2つです。

・ゲーム起動時に18歳未満の香川県民かどうかを尋ねる設問を置き、該当する場合はゲームを終了する(ゲームをプレイさせない)

・香川県内でゲームを販売しない

その後に起こり得る状況はさまざまに想定することができます。例えば香川県内ではeスポーツ大会が行われなくなったり(もしくは成人限定になる)、家電量販店などでのゲーム販売の緊縮化が行われたりするかもしれません。

香川県がゲーム依存症の対策として「制限」という安易な方法を取ったように、ゲームデベロッパーやサプライヤーもまた、安易な方法を取ろうとするのは当然の流れです。むしろ利益を追い求める「企業」であればこそ、そこに大きなコストは掛けず、またできる限りリスクも回避するのが企業としての基本戦略です。

あわせて読みたい

「ゲーム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  2. 2

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  3. 3

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  6. 6

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。