記事

“武闘派ヤクザ”高山若頭の支配力――山口組が大きく揺れ始めた「2007年のある殺人事件」とは? - 尾島 正洋

1/2

「組員6000人の顔写真を入手済み」警察vs.山口組「特定抗争」指定をめぐる水面下の暗闘 から続く

【写真】任侠山口組が1月12日付で出した名称変更についての書面

「知力と武力を兼ね備えた男だ」

 指定暴力団「6代目山口組」の若頭、高山清司が2019年10月に刑務所を出所したことをきっかけに、「神戸山口組」との間で銃器を使った凶悪な対立抗争事件が続発している。

 冒頭で紹介したのは、組織犯罪対策を担当している警察庁幹部が語った、高山の人物評である。


高山清司若頭 ©共同通信社

「1000億円を稼ぎ出した」

「知力」というのは信賞必罰を旨とした組織運営に長けているうえ、組織維持のために必要なシノギ(資金獲得活動)にも秀でているといったことだ。名古屋を中心とした中部地域での高山の経済活動のうち、特に中部国際空港建設の利権が以前から指摘されてきた。

 事情を知る山口組幹部は、「シノギは何と言っても中部国際空港が最も大きい。全部で1000億円稼いだとも聞いている。砂利などのほか諸々の建設資材などの調達、ダンプカーなどでの運搬でもカネが落ちるよう様々な利権を拡張していったようだ」と説明する。

 警察庁幹部もこの点について補足するように同趣旨の解説をする。

「砂利については合法、違法を含め大きな利権だった。採取地は三重県から和歌山県にかけて広範囲にわたっていた。違法採取の砂利は、ある会社を通すとクリーンな砂利になって納入されていたようだ。違法な砂利のロンダリング(洗浄)だ。そのほかセメントだとか何だとあらゆる利権に手を広げ徹底してシノギを集めていたようだ」

「武力」とは高山出所というだけで、各地の山口組傘下組織による神戸山口組系幹部を襲撃する抗争事件が続発していること指す。

 警察庁幹部は、次のように指摘する。

「高山が(刑務所から)出てくるというだけで、事件が起きて何人も死んでいる。動機はどうあれ高山出所で、(山口組傘下の)各団体が自らの力を誇示するように神戸山口組側の幹部に攻勢をかけている。とにかく動きが加速している」

 山口組幹部は「ヤクザというのは、親分の表情を見て何を考えているか忖度し、先回りして動くもの。親分が『あいつを殺せ』などと言う訳がない。そのような指示を出していたら、後々に事件の全容が判明した段階で殺人容疑の共犯となってしまう。絶対にある訳がない」と強調する。各地で山口組傘下組織が高山の意向を踏まえ、指示がなくとも走り出しているのが実情だ。

 武力については、ただ粗暴な手段で対立組織を攻撃するだけでない。対立組織を分断して弱体化させたり、ナンバー2、3クラスの最高幹部に接近して“後ろ盾”となり、トップに揺さぶりをかけたり、その手法は様々だ。「戦わずして勝つ」という巧緻に長けた動きも窺える。

 智謀をめぐらせるだけでなく、弘道会の前身組織に所属していた若手のころは群雄割拠の中京地区の暴力団社会の平定に自ら乗り出し、結果として対立抗争事件で長期の服役も経験している。

 弘道会が山口組内で影響力を増して行くにあたり、資金不足の山口組内の他の傘下2次団体の幹部らに融通するなど、カネの力による山口組内の“与党形成”にも余念がなかった。高山は「武闘派ヤクザ」であるとともに、「経済ヤクザ」としても知られ暴力団社会で大きな存在を占めてきた。

弘道会支配への道

 山口組は、3代目の田岡一雄が組長を務めていたころに全国に勢力を拡張し、3代目時代に長く若頭を務めた山本健一が創設した山健組が保守本流の組織として、山口組内でのブランドとされてきた。4代目組長の竹中正久は就任後、今回同様の内部分裂から引き起こされた山一抗争の際に暗殺され、5代目山口組組長には山健組出身の渡辺芳則が1989年に就任した。

 それ以降は、山口組内の「山健組支配」が続き、「山健組にあらずんば、山口組にあらず」とも評された。一方の弘道会も、山健組に迫る組織へと巨大化し、双方の組織は山口組内の2大派閥と称された。こうした経緯を経て、司忍は2005年8月、渡辺を追放する形で6代目に就任。ナンバー2の若頭に同じ弘道会出身の高山を指名。山健組支配に終止符を打ち、司・高山体制に移行すると弘道会支配を確立した。

山口組の権力闘争を自民党に例えると…

 山口組内部の権力闘争を長年ウオッチしてきた捜査員は、自民党の派閥抗争の歴史になぞらえる。

「暴力団社会について詳しくない人に分かりやすく例えると、山健組の本部は(3代目の)田岡が本家を構えていたのと同じ神戸市内だし、山口組内での本流意識が強い。弘道会は名古屋が拠点ということなどもあり傍流だ。山健組は長年、自民党を支配してきた竹下派経世会みたいなもの。竹下登、橋本龍太郎、小渕恵三と多くの首相を輩出した。弘道会は経世会支配の下で耐えてきた清和会(現細田派)のような存在」

 その後の経緯も永田町に例えて解説する。

「司と高山がのし上がってきて、山健組出身の(5代目山口組組長の)渡辺を排除した。組長の地位の禅譲、というよりはクーデターだった。この2人の活動は、『自民党をぶっ壊す』と叫んで登場し経世会支配を終わらせた清和会出身の元首相、小泉純一郎のような存在に見えた」(同前)

 小泉内閣の発足は2001年4月。司の6代目山口組組長就任は2005年8月で、小泉内閣発足後だ。「司とは」「弘道会とは」という説明するのに、こうした例えの通りがよかったのだろう。小泉内閣の後も、2012年12月からは同じ清和会の安倍晋三が首相となり、8年目の長期政権となっている。司も6代目組長となり長期にわたり山口組を支配している点も、あえて挙げれば共通点と言えそうだ。

 首相を輩出した派閥は党内で幅をきかすのは常の事。敗れた派閥は傍流に押しやられ、そこに怨念が生まれる。山口組の中でも同様のことが起きていた。

あわせて読みたい

「山口組」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  2. 2

    コロナ重症化と喫煙 関係に注目

    水島宏明

  3. 3

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  4. 4

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  5. 5

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  6. 6

    疲弊する公務員 報酬増で応えよ

    毒蝮三太夫

  7. 7

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  8. 8

    マスク推奨すべきか 欧米で論争

    飯田香織

  9. 9

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  10. 10

    2021年五輪開催は政権の末期症状

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。