記事

欅坂46脱退、卒業問題 そして会社を「卒業」する奴が嫌いだ

1/2

欅坂46の構成員が数名やめた。この件、平手友梨奈は「脱退」で織田奈那、鈴本美愉は「卒業」、佐藤詩織は「活動休止」だった。さらに、Alexandrosからはドラマーを担当構成員が「勇退」。健康上の理由によるという。

この構成員がやめることについての書き分け方はなんだろう。明らかにニュアンスの違いを感じる。モヤモヤする。

さて・・・。春だ。意識高い系ウォッチャーとしては、たまらないシーズンである。というのも、退職、異動などに関する「転身ポエム」が跋扈する時期だからである。今年はnoteやYou Tubeで転身について無駄に熱く語る奴が増えるだろう。これに対する関係の薄い仲間からの熱い書き込みアピールなども含めて香ばしく。見ていてたまらない。

以前、こんなエントリーを書いたのだが・・・。ここでも触れているとおり「転身ポエム」に影響を与えているのは、2006年の中田英寿の引退ポエムだろう。公式サイト「nakata.net」上にアップされた。

「人生とは旅であり、旅とは人生である」という意識の高いタイトルは破壊力抜群である。書き出しはこうだ。この書き出しを読むだけで卒倒しそうになった。

俺が「サッカー」という旅に出てからおよそ20年の月日が経った。8歳の冬、寒空のもと山梨のとある小学校の校庭の片隅からその旅は始まった

さらに、これは、「転身ポエム」の「型」を提示している点が重要だ。これからどうせ、あなたの身の回りでも転身ポエムを書く奴が一人や二人はいるだろう。次のような文章構成になっていないか?

○○との出会い→成長→活躍→成功体験→いくつかの転機→今回の決断に至った経緯→謝辞→決意表明→感謝

これは、中田英寿の引退ポエムが提示した「型」である。これを踏襲しているはずだ。いや、本人が中田の引退ポエムを読んでいなかったとしても、その影響を受けた文章を一度くらいは読んでおり、参考にしているのではないか。

あわせて読みたい

「会社」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  2. 2

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  3. 3

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  4. 4

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  5. 5

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  6. 6

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    日韓の人口あたり感染数は同じか

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  9. 9

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  10. 10

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。