記事

EXCLUSIVE-米、対インド特恵関税復活に最大60億ドルの輸入拡大必要=関係筋

[ニューデリー 24日 ロイター] - 米トランプ政権は、インドに対する「一般特恵関税制度(GSP)」の適用を復活させ、同国と広範な通商協定を締結するには、インドが少なくとも50億─60億ドルの米製品の追加輸入を確約する必要があるとの立場を示している。複数の関係筋がロイターに対し明らかにした。

米国は昨年、インドを一般特恵関税制度から除外することを決定。同制度の下、インドは56億ドルの製品を無関税で米国に輸出することができた。除外にあたりトランプ米大統領は貿易障壁の存在を指摘。インドは報復として米製品に対する関税を引き上げるなど、両国間の通商問題はこじれている。[nL4N24D3D0][nL4N23N03L]

来月のトランプ大統領の訪印を前に両国の当局者は現在、通商合意の条件などで調整を行っているが、関係筋によるとインドがアーモンド、クルミ、リンゴなどの一部農産品に対する関税を引き下げることなどが討議されている。

ただ複数の関係筋によると、インドは医療機器などの部門で譲歩を提示したものの、米国は一般特恵関税制度の再適用には50億─60億ドルの米製品の追加的な輸入拡大が必要と主張。こうした要求は昨年12月下旬にインド側に伝えられたとしている。

関係筋は「合意は農業部門に主眼を置いたものでなくてはならない」と指摘。農業部門以外では、エネルギー部門に追加輸入が振り向けられた場合、米政府は合意に傾く可能性があるとも述べた。

米印通商合意について関係筋は、米中が通商協議で今月署名した「第1段階」の合意と比べると規模は大幅に小さくなると指摘。ただ構造は「基本的に類似したものになる」と述べた。[nL4N29K3WN]

ワシントンに本拠を置くアドバイザリー会社、ボーゲル・グループのサミール・カパディア氏は「中国がこのほど米国と合意したことを踏まえると、インドも合意せざるを得なくなる」と述べた。

米印通商協議について、インド商工省、および在インド米国大使館からコメントは得られていない。米通商代表部(USTR)代表からもコメントは得られていない。

米国の対インド貿易赤字は252億ドル。トランプ大統領はこの削減を図っている。トランプ氏は2月下旬に就任以来初めてインドを訪問するとみられている。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  2. 2

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  3. 3

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

  4. 4

    小池都知事“一人暮らしは自宅を病床に”発言に「一人で死ねってこと?」と怒り爆発

    女性自身

    07月29日 11:27

  5. 5

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  6. 6

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  7. 7

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  8. 8

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  9. 9

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  10. 10

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。