記事

眞子さま結婚問題 注目は雅子さまの助言、非情な決断も

眞子さまの結婚問題に、雅子さまの思いは?(撮影/田中麻以)

エリザベス女王は2人の希望を「全面的に支持する」と声明を出した(AFP=時事)

眞子さまのご結婚の行方は…(撮影/JMPA)

 遠くイギリスで突如起きた「王室引退」騒動。エリザベス女王(93才)はその手腕を発揮し、すぐに事態は終息に向かった。かたや日本の皇室では、眞子さま(28才)のご結婚問題が2年以上くすぶり続けている──。

【写真】ヘンリー王子とメーガン妃のラブラブ姿

◆わずか10日間で幕を引く

 ロイヤル一家にかかわる重大な懸案事項が発生した時、トップに当たる人物はどう振る舞うべきか──海の向こう、イギリスの王室では、エリザベス女王が、冷静かつ迅速な判断を下していた。

 女王の2番目の孫にあたるヘンリー王子(35才)とその妻メーガン妃(38才)は1月8日、インスタグラムを通して「王室引退」を表明した。しかし、13日に女王は長男のチャールズ皇太子(71才)など英王室主要メンバーを緊急招集、引退についての話し合いをする、いわば“王族サミット”の場を設けた。

 さらに続く18日、英王室はヘンリー王子夫妻が王室メンバーから外れることを認める声明を発表し、エリザベス女王は同日「より独立した生活を望むとの意思を支持する」と表明。引退表明からわずか10日間で事態は一旦の幕引きとなった。

「ヘンリー王子が『このような結果になり、深く悲しんでいる』と心境を語った通り、王室の発表は、当初夫妻が望んでいたものとはかけ離れたものでした。具体的には、ふたりに王族の称号を返上させ、今春以降の公務もさせないというもの。取捨選択しながら公務を続けたいと望んでいたふたりに対して、“いいとこ取り”は許さないという厳しい決断でした」(英メディア関係者)

 同声明で、夫妻は公費で賄われる王室助成金も受け取れなくなることが決まった。さらに、英ロンドン・ウィンザー城の自宅「フロッグモア・コテージ」にかかった3億円以上の改修費用を返済することも発表された。

「今回の対応は、ヘンリー夫妻にとって王族からの事実上の追放です。王室というのは、あくまで英国民からの信頼と敬愛の上で成り立っている。それを揺るがす事態は、英王室の危機。女王は、それを甘く見過ごすことができなかったのでしょう」(前出・英メディア関係者)

 ヘンリー王子は女王にとって「最愛の孫」といわれ、目の中に入れても痛くない存在だったはずだ。

「一部にはあまりに無慈悲だという声も上がりました。しかし、女王は孫をかわいがる気持ちよりも、英王室を守るために、その選択肢しかなかった。しかも重要なことは、国民やメディアを巻き込んで大騒動になり、英王室が傷口を広げる前に、たった10日間ですばやく幕を引いたこと。英国民からは“女王のリーダーシップは健在だ”と賛辞を送る声が大半です」(前出・英メディア関係者)

◆眞子さまにも非情な決断がされるのか

 1月14日、天皇皇后両陛下が今春、エリザベス女王の招待を受け、イギリスを公式訪問されることが報じられた。

 陛下は1983年、雅子さまは1988年に、それぞれ英オックスフォード大学へ留学されている。それだけに、おふたりにとってイギリスはなじみ深い場所でもある。昨年5月の「即位の礼」ではチャールズ皇太子がいち早く参列を表明するなど、英王室と皇室はとても友好的な関係だ。

 そんなイギリスが、皇后となられた雅子さまにとって初めて国賓として訪問される地となる。

 訪問日程は「秋篠宮さまが皇嗣となられたことを宣言される『立皇嗣の礼』や、天皇陛下が文化勲章を授与される『文化勲章親授式』などの終わった5月20日前後で、4~5泊の日程になるのではないか」(別の宮内庁関係者)とみられている。

 今回の訪問で、雅子さまはエリザベス女王と初めて会われることになる。しかし、イギリスに対する造詣の深い雅子さまは、ヘンリー王子夫妻に対して、女王や英王室が下した決断についても当然ご存じだろう。王室の抱える懸案に手腕を発揮し、迅速な対応のもとで収束させた女王の姿は、雅子さまの目にどう映っただろうか。

 一概に比較できるものではないが、雅子さまも皇室の直面する問題にかかわっていくお立場にある。現代の皇室が抱える課題の1つ──皇族の減少によって、皇統の安定継承や皇族の活動(公務)の維持ができなくなるという懸念だ。政府は今春以降「女性宮家の創設」について、本格的な議論を始めるといわれている。

 しかし、もし眞子さまが「結婚の再延期」を含んだ何らかの発表をされたとしたら、その影響は小さくない。

「女性宮家は女性皇族が結婚後も皇籍に残る新制度です。もし再延期後に女性宮家が創設され、その後ご結婚を果たされた眞子さまが宮家の当主になられた場合、“夫の小室さんの立場”が焦点になります。小室さんが皇族の一員になることもありえる。眞子さまが結婚か破談かを明確にしない限り、議論が一向に進まないという事態も考えられます」(皇室関係者)

 過去を振り返ると、平成の皇后であられた美智子さまは、眞子さまの結婚問題について、紀子さまに対し度々アドバイスをされていたという。雅子さまは今、その皇后のお立場にいらっしゃる。

「今後、眞子さまがご結婚についての相談や報告をされた時、雅子さまはどのような言葉を送られるのでしょうか。仮に『結婚の延期』が発表されたとして、事態がまだまだ今後も引き延ばされることをよしとされるのか、それとも、今すぐに結婚して皇籍を離脱されることを望まれるのか。それとも、“考え直されてはどうか”というアドバイスを送られるのか…。

 エリザベス女王が下した“追放”という英王室流の冷静かつ迅速な対応が、日本の皇室の判断に突きつけているものは小さくないはずです」(別の皇室関係者)

 雅子さま、そして眞子さまにとって大きな決断の時は、刻一刻と迫っている。

※女性セブン2020年2月6日号

あわせて読みたい

「眞子内親王」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  4. 4

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  5. 5

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  6. 6

    「小泉さんの仕事」橋下氏が指摘

    橋下徹

  7. 7

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  9. 9

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  10. 10

    今井絵理子議員の手話質問を称賛

    山下雄平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。