記事

「人類の未来は決して暗くない」世界注目のハーバード大学教授が喝破する“ジャーナリズムの罪” 私たちはなぜ「世界の進歩」に気が付かないのか? - 「文藝春秋」編集部

「我々は未来について楽観主義になるべきでしょう」

 そう語るのは、ハーバード大学心理学教授のスティーブン・ピンカー氏だ。 

 国内では、崩壊する年金制度や人口減少、移民の受け入れなどの問題が山積し、国外に目を向けても、異常気象や緊迫した国際情勢が待ったなしの状況――現状をそう捉え、絶望している人々は多いだろう。

 しかし、こうした希望のない評価に対して、「それは『地球は平らだ』と主張するくらい、全くの誤りだ」とピンカー氏は断言する。


スティーブン・ピンカー氏 ©大野和基

なぜ人は“科学による進歩”を正しく認識できないのか?

 進化心理学の第一人者であるピンカー氏は、2004年にタイム誌の「世界で最も影響力のある100人」に、2005年にはフォーリンポリシー誌の「知識人トップ100人」に選ばれた。米国科学アカデミー会員で、『アメリカン・ヘリテージ英語辞典』の語法諮問委員会議長も務めている。また、2011年に刊行した『暴力の人類史』では、人類史を通じて暴力が確実に減少したことを、データを基に立証して話題となった。最新刊の『21世紀の啓蒙 理性、科学、ヒューマニズム、進歩』では、現代にはびこるシニシズムを危惧し、「進歩」への信頼を説いている。

 我々が未来に期待できる根拠について、ピンカー氏が語った。

「データを見れば、人類を取り巻く環境が良くなっていることは自明です。18世紀中ごろには29歳だった平均寿命は、今や71.4歳に延び、食糧状態についても、1960年代には1日1人当たり約2200キロカロリーだった摂取量が、現在では約2800キロカロリーです。また、世界総生産は200年でほぼ100倍と、富も増えました。

 インフラや政治形態も改善しています。特に先進国では、清潔な水が蛇口から流れ、権力者を批判しても投獄されない民主主義の下で暮らすことができる。さらに、機械化が進み、世界の知識を小さな端末で持ち歩けます。

 しかし、“世界はどんどん悪くなっている、未来は暗い”という認識が広がっています。人はなぜ理性や科学による進歩を正しく認識できないのでしょうか」

 その理由としてピンカー氏は、「ジャーナリズムの責任」を指摘する。

この25年で12億人超が極度の貧困から脱した

「ジャーナリズムは、毎日、銃撃やテロ攻撃、内戦、飢餓、病気の大流行について報道しています。そのような悲惨なニュースを見ると、世界中がバイオレントになり、病気が流行し、貧困に向かい、危険に陥っていると思うでしょう。

 一方で、平和に暮らしている地域はニュースになりません。また、良いことは年に2、3%の割合で徐々に進み、10年、20年をかけて大きな進歩になりますが、その進歩は漸進的なので、新聞は報道しないのです。

 例えば、極度の貧困(1日1.9ドル未満で生活する人)は、この200年間で、世界の人口の90%から10%まで減少しています。しかし、『今日、13万7000人の人が極度の貧困から脱出しました』というヘッドラインを新聞で見ることはありません。この25年で12億5000万人が極度の貧困から脱したという事実に、人は気が付いていないのです」

あなたも「フィルターバブル」に入っている

 そのようにして作られた我々の「世界に対するイメージ」を、より強固にしてしまうのが、「SNSにより作られるバイアス」だ。情報があふれるSNSへの接し方には注意が必要だと続ける。

「インターネットやSNSにおいては、自分が見たい情報しか見えなくなりがちです。それを『フィルターバブル』と言います。我々は、自分と異なる意見を持つ人々に対して『彼らはフィルターバブルに入っている』と一蹴しがちですが、あなた自身もフィルターバブルに入っていることには気が付きません」

 バイアスの影響をたやすく受けてしまう我々に必要な能力、それは「データを理解すること」だという。目の前の危機に印象論で惑わされないこと、その重要性をピンカー氏は強調した。

「調査や分析によって得られるデータから考え、自分自身の考えだけを信頼しないことを常に心に留めておくべきなのです」

 環境問題や原発、AIに対する恐怖、所得の格差――我々がおびえる問題の中で、本当に向き合うべきテーマは何だろうか。

 豊富なデータを基にピンカー氏が語った「人類はもっと未来に期待すべき」は、「文藝春秋」2月号及び「文藝春秋digital」に掲載されている。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。@gekkan_bunshun のフォローをお願いします。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年2月号)

あわせて読みたい

「ジャーナリズム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  2. 2

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  3. 3

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  4. 4

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  5. 5

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  6. 6

    「大企業の倒産」が招く負の連鎖

    大関暁夫

  7. 7

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  8. 8

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

  9. 9

    渡邉美樹氏 持ち帰り注文を嘆願

    わたなべ美樹

  10. 10

    マスク推奨すべきか 欧米で論争

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。