記事

「スターウォーズ」最新作から見えるアメリカ社会の変貌 - 田村明子(ジャーナリスト)

1/2
(Joaquin Ossorio-Castillo / gettyimages)

スターウォーズの最新作品「スカイウォーカーの夜明け」が、米国でも昨年の年末に公開された。スピンオフを除くと、スターウォーズシリーズとしては9作目である。

白状すれば筆者のアメリカ生活は、このスターウォーズシリーズと共に育まれてきたといっても過言ではない。1977年の春に渡米して、ノースカロライナ州の語学学校で寮生活を送っていた当時、公開されたばかりの第一作目「スターウォーズ」を学生仲間と観に行った。

先に観ていた同じく日本から留学していた友人は「なんか子供向けのSFで、ウルトラマンみたいだった」とけんもほろろの感想だった。それでも英語の授業で疲れて切っていた頭には、何も考えなくてもよい娯楽映画がうってつけと思って観に行ったら、これがとんでもない勘違いだった。

まず渡米したばかりの当時の筆者にとって、SF用語を交えた会話がチンプンカンプンでさっぱり理解できない。同じころに見たシドニー・シェルダン原作のサスペンスロマンス「真夜中の向こう側」などは、まだどうにか会話を拾うこともできた。だが何せ「スターウォーズ」は遠い昔、はるかかなたの銀河系のお話である。固有名詞も馴染みなく、たとえ単語を聞き取れてもさっぱり意味は分からなかった。

それでもビジュアルでストーリーを追っていくだけで、十分に面白かった。中でも最も印象に残ったのが、キャリー・フィッシャー演じるレイア姫だった。

ウーマンリブがハリウッド娯楽映画に上陸

1977年当時、映画に登場するプリンセスといえば絶世の美女で、同時に簡単に悪者につかまって必ず主人公の足手まといになるもの、と相場は決まっていた。

ところがレイアは違った。ルークの手から「貸して」と銃器を取りあげ、自らダバダバダと打つ。反乱軍の指導者で、男性とも互角に戦う軍人なのである。ふーん、新しい形のプリンセスだなとわからないなりに感動した。思えば60年代後半からアメリカで徐々に盛り上がっていったウーマンリブ運動、Women’s Liberation Movementがハリウッドの娯楽映画にまで到達した一つの象徴だったと言って良いと思う。

もう一つ印象に残っていたのは、ジェダイの服装がまるで柔道着のようでライトセーバーによる戦いは、日本のチャンバラっぽかったこと。監督のジョージ・ルーカスが黒澤明監督の大ファンで、オービーワン・ケノービの配役は最初に三船敏郎に声がかかっていたことを知ったのは、後のことである。三船氏は断ったと言われているが、もし彼が出ていたらどんなスターウォーズになっていたのか、ちょっと見てみたかった。

最新作のキャスティングはポリティカリーコレクトネス

その後42年の歳月を経て公開された、完結編の9作目「スカイウォーカーの夜明け」。オリジナルキャストのハリソン・フォードもマーク・ハミルも立派に老人となり、すでに故人となったキャリー・フィッシャーは、なんと過去の作品の未使用映像とデジタル映像を組み合わせている。当時から歳をとっていないのは、(ちょっとくたびれたとはいえ)ドロイドたちとチューバッカだけである。

今回の作品を観て、しみじみ歳月の経過とともに社会の変化を感じさせたのは、主人公たちのキャスティングの顔ぶれだった。

ジェダイの最後の後継者は、白人女性のレイ。そのレイに恋心を寄せる準主役は黒人男性のフィン。そのフィンの良き相棒ともいえるのがアジア人女性のローズである。さらに反乱軍の新しいリーダーとなったポーはヒスパニックの男性。「帝国の逆襲」から出演していた黒人俳優、ビリー・ディー・ウイリアムス演じるランド将軍も再登場した。ついでに言うなら、最後に女性同士のキスシーンも出てきた。言ってみるなら、PC(ポリティカリーコレクトネス)のオンパレードのようなこのラインアップ。

このメンバーを見て思い出したのは、筆者が80年代半ばにニューヨークの出版社で仕事をしたときのことだった。

人種、性別、文化をまんべんなくという考え方

筆者は美術大学を卒業した直後、ニューヨークの出版社にアシスタントアートディレクターとして就職した。そこで全米向けの教科書のプロダクションにかかわり、編集者たちから指示を受けてページレイアウトを作るのが仕事だった。

挿絵として6人の子供のイラストが必要になれば、白人が2人、黒人、ヒスパニック、アジア人、ネイティブアメリカンがそれぞれ1人ずつ。男女は半々にして、1人は眼鏡をかけさせ、1人は車椅子で、というような注文が来るのが常だった。

当時はpolitically correctnessあるいはPC という言葉が一般社会に浸透してきたところだった。直訳すれば「政治的に正しいこと」だが、実際には政治には関係ない。人種、性別、文化などをはじめとする多様性を尊重して受け入れる精神、とでも説明したら良いだろうか。マッチョな白人男性が当然のごとくヒエラルキーのトップに君臨する現在の社会構造を、意識からでも少しずつ変えていこうというムーブメントでもあった。

あまりにも多様性の度がすぎて非現実的になろうとも、まず形からというのは一つのやり方だ。どんな文化背景、身体的ハンディを抱えた子供も、教科書のイラストに登場することによってコンプレックスを感じることなく、ごくノーマルに社会に溶け込めるように、との意図だろう。現在ならユダヤ人、イスラム教徒の子供たちもイラストの中に登場しているだろう。

あわせて読みたい

「スター・ウォーズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  2. 2

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  3. 3

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  4. 4

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  5. 5

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  6. 6

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    日韓の人口あたり感染数は同じか

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  9. 9

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  10. 10

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。