記事

1億5千万円の行方

河井夫妻問題は1億5000万円の交付金で「ウグイス日当」とは別のフェーズに入った。
交付金自体は違法ではない。しかし、この交付がある種の「脱法行為」なのではないかという疑念は拭えない。

参議院対策として河井氏にそれだけ交付するなら、岸田氏や阿部氏等他の広島選出の衆議院議員にも同額が振り込まれていなければ不均等だ。
ちなみに広島県の前回の参議院広島選挙区の法定限度額は47269500円(名簿搭載者2356941人)。つまり5千万弱。その3倍の金額を総支部に振り込む意図はもちろん事前活動並びに選挙中に何らかの金銭的対策が必要だったということだろう。

選挙のプロなら「ふふん」とわかるはず。
地方選挙でもよくある話だが、大きな団体への・・等々??

参考までに、自分の過去の衆議院選挙の時の党本部からの交付金を通帳をくくって見てみると・・驚いた。
すっかり忘れていたが、政権交代前の民主党はかなり戦略的に資金投入をしていることが見て取れるのだ。ちょっと感心してしまった。
これは誰が差配していたのだろうか?

2017年の総選挙の資金面に関しては「候補者たちの闘争」(岩波書店)で触れているが、政権交代を含む日本政治の攻防を資金の点からしっかり分析した研究があってもいいのではないか。
今回の「1億5千万円の行方」はまたとない素材であろう。

何れにせよ、選挙の根幹でもあるにも関わらず、有権者には見えない形(実際には政治資金収支報告書や選挙資金収支報告書が提出、公開されているのだが)で、こうした選挙に関わるお金がやりとりされていることが、少しでも表に出てきたことは悪いことではないと思う。

主権者たる国民がするべき情報なのだから。

あわせて読みたい

「河井案里」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  3. 3

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  4. 4

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  5. 5

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  6. 6

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  7. 7

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  9. 9

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  10. 10

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。