記事

桜を見る会の追求はうんざり? 立憲民主党と国民民主党が分裂していたらダメですね

 安倍政権による桜を見る会の私物化は、前近代的です。明治時代、昭和ならまだこんなもんかなと思えるものが、平成が終わろうとしていたときに未だに税金の私物化が平気で行われていたなんていうのは、日本っていう国はこの程度だったんだろうかと思うものです。

 しかも、それでも安倍政権の支持率って下がらないもんだなあと思うのですが、考えてみたら、それもそうかなと思うこの頃です。
 本来なら内閣総辞職が当然の不祥事です。
 しかし、支持率は下がらないのは、一部にはこの桜を見る会でも恩恵を受けている人たちもいるんですものね。
 もちろんそれが全体ではないけれど、やはり利益誘導型政治の根は深いんだとつくづく思い知らされます。

 従来の自民党支持層は、桜を見る会の私物化であろうと、IR汚職であろうと、その程度で支持が離れるくらいならとっくの昔に自民党離れが起きています。
 自民党の汚職なんて今に始まったものではないし、確かに安倍氏の桜を見る会や、森友学園、加計学園などの私物化があまりに露骨だったから、ひどいなとは思ったけれど、従来の自民党支持層や政治への無関心層にとっては大した話ではないわけです。

 結局、国会ではこの問題でも野党はが追求するのは当然ですが、だからといってそれで野党支持率が上がるわけでもありません。
 「政策論議をやれ!」という声も少なくないようです。自民党支持者の発言であれば、「追求しないでね」という意味です。

 ところで、安倍自民党は、河井案里氏に選挙資金として1億5000万円も大金を交付していたんですね。
自民・河井案里氏 1億5000万入金「違法性ない」」(産経新聞2020年1月23日)
「自民党の河井案里参院議員は23日、昨年7月の参院選前に案里氏と夫の克行前法相がそれぞれ支部長を務める自民党支部に、党本部から計1億5千万円の入金があったと一部で報じられたことについて、事実関係を認め、「違法性はない」と述べた。」

 お気に入りの議員には自民党内でも差を付けてしまうとはすごいと思います。ますます安倍氏に気に入られるために、どの議員も腰巾着になっていくんでしょうか。

 それはともかく、本来、支持が集まらなければならないはずの野党ですが、その野党第一党の立憲民主党の支持が低迷しています。
 その立憲民主党と国民民主党の合流に向けた協議が決裂してしまったようです。極めて残念です。
 合流そのものを野合だという批判があるようですが、それが強固な自民党支持層からのものであれば大した批判ではありません。団結されたら困るからです。

 要は、その合流によって野党支持層が離反したり、あるいは無党派層に浸透しないような合流は問題ですが、本来的に野党は1つになるべきものです。
野党が一本化することが野合という批判はあたらない バラバラな方が困る 候補の一本化は各野党の責務
 枝野氏は、解党的な合流はできないと言っているようですが、とはいえ立憲民主党の低迷は保守層へのアピールが足りないからです。伊勢神宮詣でで足りるものではありません。

 れいわ新撰組が前回の選挙で脚光を浴びたのは新鮮に映ったからです。その前の選挙のときの立憲民主党と同じなのです。その意味では一過性のものでしかありません。
 要は、これではそれ以上の飛躍はないということです。日本社会の中の一部の不満層を引きつけただけだからだけのことで、立憲民主党への投票者がれいわ新撰組に流れただけのことです。

 そうすると「斬新」的な政策を掲げても無意味です。
 例えば消費税率についていえば、「廃止」は斬新ですが、これはもはや国民の全体の支持は得られません。5%でも同様です。
 まず一致できるのは少なくとも8%に戻す、などです。5%とすべきかどうかは議論の余地はあると思いますが、少なくとも「廃止」ではありません。
 私はもちろん消費税廃止すべきとは考えていますが、直ちに野党が廃止を掲げたところで飛躍的な支持を獲得することはできません。

本当に必要?

 確かに、誰もが変だと思うのが桜を見る会の私物化問題だったり、IR汚職だったりするのですが、実際には、おかしいと思っている層は多くても自民党支持離れを引き起こすまでの不満には至らないのです。
 野党が分裂している限りは、支持の回復はありません。安倍自民党がどんなに政治を私物化していてもです。
 野党はまず団結してください。そして政策でこそ論陣を張ってください。それが有権者の求めている野党です。

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  4. 4

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  5. 5

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  6. 6

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  7. 7

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  8. 8

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  9. 9

    GoTo政策前倒し 感染続く中愚挙

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    松茸絶滅危惧 原因は森林の再生

    田中淳夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。