記事

原油先物2%安、新型肺炎が経済成長に影響との懸念で


[ニューヨーク 23日 ロイター] - 23日の取引で、原油先物が約2%下落。中国で感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎が経済成長を押し下げるとの懸念が重しとなった。しかし、週間の米原油在庫の減少を受け、相場は下げ渋った。

北海ブレント先物<LCOc1>の清算値は1.17ドル(1.9%)安の62.04ドル。一時、昨年12月初旬以来の安値となる61.25ドルまで下落した。

米WTI原油先物<CLc1>は1.15ドル(2%)安の55.59ドル。一時54.77ドルと、昨年11月以来の安値を付ける場面もあった。

中国河北省の保健当局によると、新型肺炎で80歳の患者が22日に死亡。新型コロナウイルスが検出された湖北省武漢市以外では初の死者となる。中国国内での死者数はこれで18人目。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    告発の岩田医師は「大人の対応」

    早川忠孝

  5. 5

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  6. 6

    かつて「エリート」だった銀行員

    内藤忍

  7. 7

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  8. 8

    ミスキャン覇者「AV転身」の衝撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    ロンドンでの五輪代替開催は失礼

    鈴木しんじ

  10. 10

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。