記事

香川県ゲーム条例は、再考が必要

香川県議会の委員会は、一昨日21日、子どもがインターネットやゲーム依存症になるのを防ぐ、全国初の条例制定をめざし、コンピューターゲームの利用時間を1日60分までとするルールを順守させるよう、保護者に努力義務を課す条例素案をまとめました。

主にスマートフォンを使ったオンラインゲームを想定しているそうです。

それ以前に示された素案は、スマホの使用を1日60分までとしていましたが、直前にゲームに限定する形で修正した、ということです。

パブリックコメント(意見公募)を経て、4月の施行を目指している、と報じられています。

素案では、県民を依存症に陥らせないため市町や学校と連携して啓発活動を行うことを県の責務と規定しています。

学校は適正な利用について各家庭でのルール作りの必要性に対する理解が深まるよう、子どもへの指導や保護者の啓発を行うこと。

保護者はゲームの1日当りの利用時間を60分(学校休業日は90分)までとし、スマホの利用は中学3年までは午後9時、それ以外は午後10時までとするルールを順守させるよう努めなければならない、としています。

確かに、ゲームばかりしている依存症への対策は急がれます。

しかし、各家庭によって、考え方も生活時間も違うのに、一律に利用を制限する考え方は、プライバシーが尊重させるべき家庭に行政が踏み込む危うさがあり、再考を求めたいと思います。

家庭内で話し合ってルールを決めるのが、よいのではないでしょうか。

素案に先だって公表した原案への県民などの意見は批判が多数を占め、「家庭への介入だ」「(制限の)数字の根拠が不明」などの内容だ中心だったそうです。

それによって、県議会は、使用を1日60分までにする対象を、原案のスマホ等から素案ではコンピュータゲームに限定し、ルール順守も努力義務にゆるめた、とのこと。

ネット依存の疑いが強い中学・高校生は、全国で93万人と推計され、「ゲーム障害」は、昨年、世界保健機関(WHO)から疾病と認定されました。

ゲーム依存症への対策が急がれることは確かですが、行政が家庭に介入するのではなく、家庭内での話し合いで進めるべきものだと考えます。

あわせて読みたい

「香川県」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅息子のルックス批判、クラブや薬物への偏見を許すな ビートたけしは発言を撤回せよ

    常見陽平

    02月28日 10:10

  2. 2

    酒と泪と男とワセジョ。山田真貴子内閣広報官の経歴から感じたこと【超雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 09:37

  3. 3

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  4. 4

    コロナを克服した世界はいずれ教訓を忘れてしまうのか

    ヒロ

    02月28日 10:57

  5. 5

    「日本人は貧乏になった」その残酷な事実に気付かない人が多すぎる

    PRESIDENT Online

    02月28日 12:05

  6. 6

    林修の冠番組が相次ぎテコ入れ 内容が大きく変わったのはなぜか?

    NEWSポストセブン

    02月28日 07:33

  7. 7

    上野千鶴子「忖度も根回しもしてきた」組織で活躍する女性と孤立する女性の決定的な違い

    PRESIDENT Online

    02月28日 11:31

  8. 8

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  9. 9

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

  10. 10

    下町の食料配布 缶詰2カンで「今晩の食事はこれだけ」

    田中龍作

    02月27日 21:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。