記事

信を問うべき時、解散・総選挙躊躇せず=憲法改正で安倍首相


[東京 23日 ロイター] - 安倍晋三首相は23日午後の衆院代表質問で、衆院解散について「現時点で頭の片隅にもないが、信を問うべきときには躊躇(ちゅうちょ)しない」と述べた。日本維新の会の馬場伸幸幹事長への答弁。

馬場氏は「今国会で国民投票法改正案を成立させることに指導力を発揮すると約束できるか、改憲論議が停滞するなら衆院を解散する覚悟はあるか」と質問した。

安倍首相は「憲法改正の国民的な意識は高まっており、与野党の枠を超えた改憲論議の展開に期待している」と発言。「これまで2度衆院を解散し、国民に信を問うことで幼児教育の無償化など大きな改革を実現してきた。現時点では解散は頭の片隅にもないが、今後も政治を前に進めていく上で、信を問うべきときが来たと考えれば、解散・総選挙を断行することに躊躇しない」と語った。

(竹本能文)

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  5. 5

    夫の性犯罪発覚で妻が味わう屈辱

    幻冬舎plus

  6. 6

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  7. 7

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  8. 8

    中居正広「登る山を探している」

    SmartFLASH

  9. 9

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  10. 10

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。