記事

信を問うべき時、解散・総選挙躊躇せず=憲法改正で安倍首相


[東京 23日 ロイター] - 安倍晋三首相は23日午後の衆院代表質問で、衆院解散について「現時点で頭の片隅にもないが、信を問うべきときには躊躇(ちゅうちょ)しない」と述べた。日本維新の会の馬場伸幸幹事長への答弁。

馬場氏は「今国会で国民投票法改正案を成立させることに指導力を発揮すると約束できるか、改憲論議が停滞するなら衆院を解散する覚悟はあるか」と質問した。

安倍首相は「憲法改正の国民的な意識は高まっており、与野党の枠を超えた改憲論議の展開に期待している」と発言。「これまで2度衆院を解散し、国民に信を問うことで幼児教育の無償化など大きな改革を実現してきた。現時点では解散は頭の片隅にもないが、今後も政治を前に進めていく上で、信を問うべきときが来たと考えれば、解散・総選挙を断行することに躊躇しない」と語った。

(竹本能文)

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河井夫妻疑惑 報道鵜呑みは危険

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    ホスト「昼の世界も感染者いる」

    文春オンライン

  4. 4

    胸板薄い? 木村拓哉は成熟なるか

    NEWSポストセブン

  5. 5

    実は借金 千鳥大悟が見せる男気

    SmartFLASH

  6. 6

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  7. 7

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  8. 8

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  9. 9

    マスク警察への対応は憐れむ視線

    NEWSポストセブン

  10. 10

    日本は米中どちらを取るべきか

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。