記事

ゴーン氏 逃亡決意は12月25日、決断までの思い語る

単独インタビューに応じたゴーン氏

時折、足をブラブラさせながら取材に答えた

 レバノンに出国した日産元会長のカルロス・ゴーン氏。日本を出国した12月29日から遡ること9日前の12月20日、本誌・週刊ポストは東京都港区にあるゴーン氏の自宅で直接取材交渉を行なっていた。その後、突然の出国──。レバノンの首都・ベイルートでの会見(日本時間1月8日)に続いて、本誌はゴーン氏に単独インタビューすることになった。日本時間1月10日、逃亡がなければ日本で面会する予定だった日だ。

【時系列】ゴーン氏を巡る騒動の経緯

 ゴーン氏は、日本で面会した時と似た、ジャケットにノータイの格好で現われた。

 まず尋ねたのは、12月20日に会ったときは「無実になる」と言っていたが、どんな心境の変化があったのか、ということだった。同氏はこう語る。

「無実であることは確信していた。しかし、それは公平な司法制度のもと、検察の支配がない中であれば、の話だ。国連では人質司法制度が問題になっているにもかかわらず、運が悪く、私は人質扱いの勾留を受けてきた。

 何より問題は、最初の公判の日程が決まらなかったことだ。(逮捕から)14か月経ってもまだ決まらなかった。一つ目の罪状(有価証券報告書への虚偽記載容疑)に関する公判が決まっていない中、さらに他の罪状(特別背任容疑など)の公判については、一つめの公判が終わってからでないと日程が定まらないと言われた。最初の判決をもらうまでに4~5年はかかるだろうと考えられた」

 彼がここで言っているのは、12月25日、クリスマスに行なわれた「公判前整理手続」での話である。ゴーン氏も出席したこの場で、最初の裁判が当初予定の4月からずれ込む可能性が高いこと、さらに別件の裁判は最初の裁判が終わったあとに行なわれる見込みであることが明らかになった。

 それらの裁判は同時進行で行なわれていくと思っていたゴーン氏にとって、相当なショックだったようだ。

「検察はたくさんの違法行為を行なってきた。私にはその法的根拠が分からない。しかも検察はメディアに情報をリークしていた。日産側と裏で組んで動いてもいた。彼らは検察から違法に情報をもらっていたはずだ。さらに日本では、起訴されれば99.4%は有罪になることが分かっている」

 そしてこの日、ゴーン氏は決断に至る。

「(保釈されて)2~3か月経てば、携帯電話や妻との面会など、それなりの条件を与えられると聞いていたが、実現しなかった。いろんな要素が絡んで、私は日本を出たいと思うに至った。私が正義から逃れていると言われているが、それは違う。私は正義を望んでいる。なぜなら私は無実であることを分かっているのだからだ」

 ゴーン氏がもう一つ強調したのが、東京・小菅での拘置所生活の“過酷さ”だった。

「小菅はとても厳しい拘置所だ。小菅で働いている人たちは、とても良い人たちだった。ただ、この拘置所での条件があまりにも特別で厳しかった。携帯電話が使えず、シャワーも週に2回、自分が求める薬ももらえない。テロリストであるかのように扱われたのが、私にとっては、一番理解が難しい部分だった。

 拘置所では、毎日何時間も事情聴取を、弁護士が同席しない中で受けた。聴取の間はずっとテープが回っていた。検察はずっと『ゴーンさん、もし(テープを)止めたかったら話しなさい』と言っていた。私はそのことを、白状しないと妻や子供を攻撃するという意味だと受け取った」

 前に乗り出し、身振り手振りを交えて訴える。

「もっとも苦しかったのは、完全に孤独だったことだ。夜になると、紙とペンを取り上げられ、毛布は2枚だけで冬はとても寒かった。枕も選択肢がなかった。拘置所の中の状況は、非常にタフだった」

 足をぶらぶらさせながら話す独特の癖は、日本で見たのと同じだった。

●取材協力/宮下洋一(在欧州ジャーナリスト)

※週刊ポスト2020年1月31日号

時折、険しい表情も見せていたゴーン氏(写真はレバノンでの単独インタビュー時)

単独インタビューに応じたゴーン氏(写真はレバノンでの単独インタビュー時)

また日本で話を聞ける日は来るのか…(写真はレバノンでの単独インタビュー時)

会見中、夫の姿をスマホで撮影するキャロル夫人

8日の会見に姿を見せていたキャロル夫人

会見場ではキャロル夫人の父(左)の姿もあった

ゴーン氏の会見は休憩を挟んで2時間以上に及んでいる

スライドを使って自身の正当性を主張したゴーン氏

ゴーン氏は身振り手振りを交えて2時間以上、語り続けた

会見前に話し込む姿もみられた

会見前にはゴーン氏とキャロル夫人が会話する場面も

一礼するゴーン氏

美人セキュリティスタッフが会場を警備している

会場には世界から多くのメディアが集まった

会場前は多くの報道陣でごった返していた

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    告発の岩田医師は「大人の対応」

    早川忠孝

  5. 5

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  6. 6

    かつて「エリート」だった銀行員

    内藤忍

  7. 7

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  8. 8

    ミスキャン覇者「AV転身」の衝撃

    NEWSポストセブン

  9. 9

    ロンドンでの五輪代替開催は失礼

    鈴木しんじ

  10. 10

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。