記事

自衛隊の中東派遣の今

 先月の27日に、自衛隊の中東派遣が閣議決定されました。

 防衛省設置法第4条1項第18号に基づく自衛隊による情報収集活動の実施であり、任務を担うP3C哨戒機2機は、那覇基地から出国しました。

 20日には、活動開始予定と聞いています。

 昨年の忘年会周りの際、地元那覇で、若い海上自衛官と話す機会があり、その頃はまだ、中東派遣が決まっていませんでしたが、「上からの命令があれば任務を果たします」と毅然と答える姿は、頼もしさと無事の帰国を祈る感情が入り混じりました。

 不測の事態には武器使用も伴う海上警備行動も発令されます。

 イランの司令官殺害で、イラク国内の米軍基地を弾道ミサイルでイランが攻撃するなど、緊迫した情勢もありましたので、自衛隊の中東派遣を控えるべきではないかという声もありました。

 しかし、約9割の原油を中東から運ぶ、我が国の民間タンカーは運航し続けている以上、自衛隊もいかないところになぜ民間船舶がエネルギー政策に従事しているのか、という筋の通らない話になりかねません。

 アメリカは有志連合に、60か国も呼びかけましたが、結局参加したのは、イギリスやアルバニアなど、7か国にしか過ぎませんでした。

 我が国は有志連合に参加せず、中東各国との友好関係の歴史を尊重しつつ、今回の判断になっていますが、資源エネルギーを中東に過度に依存しなければならず、その為の安全なシーレーンの確保というのは我が国の国益の根幹でもあり、他国に委ねることも出来ない領域であるとも考えます。

 自衛隊の海外活動は抑制的でなければならないし、日米同盟と中東の友好の両立、そして、エネルギーの確保という複雑系に取り組み続けるのも、我が国外交の宿命です。

あわせて読みたい

「海上自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  5. 5

    夫の性犯罪発覚で妻が味わう屈辱

    幻冬舎plus

  6. 6

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  7. 7

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  8. 8

    中居正広「登る山を探している」

    SmartFLASH

  9. 9

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  10. 10

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。