記事

「真面目なイクメン」が痴漢になる笑えない理由

1/2

痴漢や万引きを繰り返す人は、なぜ犯罪をやめられないのか。政治社会学者の堀内進之介氏は「両者には共通点がある。それは電車やスーパーなど『自身の役割から降りられる場所』で行為におよび、被害者の感情を都合のいいように解釈していることだ」と指摘する――。

※本稿は、堀内進之介『善意という暴力』(幻冬舎新書)の一部を再編集したものです。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/AleksandarNakic

■「仕事を一週間頑張ったから痴漢してもいい」

依存症当事者は、一般に思われているような意志の弱い、だらしない人というよりも、むしろ、自分自身で問題を解決しようとする、その意味では意志の強い人である。松本俊彦は、それを自己治癒学説で説明していた。だが、これはなかなか理解されない。それは、「ダメ、絶対」「人間やめますか、覚せい剤やめますか」という、これまでなされてきた説明とは合わないからだ。

では、薬物のようなモノに対する依存ではなく、プロセスや関係性への依存の場合はどうだろうか。

「仕事を一週間頑張ったから痴漢してもいい」

「女性専用車両に乗っていない女性は痴漢をされたい人だ」

こんなことを言うのは、どんな人物か。性欲の強い脂ぎった男か、それとも欲求不満なオタク男性か。だが、それは、ネトウヨは冴えない若い男性だと決め付けるのと同様に、全く間違っている。『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス、2017)などの著者で、精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳によれば、件の人物はどこにでもいる「普通の男性」なのだという。彼らは痴漢時には、生理的な興奮状態(勃起)だったというわけでもない。

万引きの場合でも、「このお店でたくさん買い物をしているのだから、今日くらいは万引きをしても許される」、このように言う主婦がいるらしい。斉藤が、1600人を超える加害者の再発防止プログラムに関わってきた経験からすると、万引きを繰り返す人と、痴漢常習者とは似ているそうだ。どういうことだろうか。

■「役割から降りられる場所」で事件を起こす

痴漢を繰り返している人に多いのが、家庭内ではイクメンで家事の分担をしてくれる、職場では長時間労働をいとわない真面目な人たちが多いんです。で、唯一、匿名性の高い電車のなかだけが自分の優越感や支配欲を満たせる場所になっている。そこだけが、その人にとっての「役割から降りられる場所」なんです。透明人間になれるという秀逸な笑えない表現をした人もいました。

(中略)万引きをくり返す女性の場合は、家庭内では育児や家事に追われて、息継ぎもできないような毎日を送っている。そして、スーパーだけが彼女たちにとっての「役割から降りられる場所」「匿名でいられる場所」になっているんです。(斉藤章佳、前掲書)

「透明人間になれる」だとか、「役割から降りられる場所」「匿名でいられる場所」といった表現からは、彼や彼女たちは、周りからの期待に応える、善良で従順な自分に疲れているようにも思える。まるで、役割をやめて、本当の自分になれば、主体性を取り戻せるとでもいうように。

ドイツの哲学者ハンス・ブルーメンベルクは、「あるがままにいたくないという願望は、美的にのみ満たされる」と述べたことがある。しかし、いくら、そうした行為を繰り返しても、主体性を取り戻すことはできないだろう。なぜなら、そもそも、そんな本当の自分など存在しないのだから。

■被害者のことを気にする部分だけが抜け落ちている

痴漢や万引きは犯罪であっても病気ではない、と思う人もいるだろう。実は、当人たちもそのように考えているという。斉藤によると、痴漢常習者は、他の依存症患者と同様に、いけないことをやっていると思っているし、捕まったら会社や家族に迷惑が掛かると考えている。それどころか、有名タレントの名前が入った服を着ていれば、「これを着て捕まったら(タレントに)迷惑が掛かる」とすら考えるのだという。

にもかかわらず、彼らには被害者の感情だけが見えていない。被害者の感情を気に掛ける部分だけが、彼らの意識から抜け落ちているのだ。

むしろ、彼らは、被害者の感情を自分の都合のいいように解釈してしまう。時間をかけて習得された自己欺瞞、認知の歪みは、容易には修復できない。それは、性犯罪の再犯率が高いことからも分かる。たとえ、意識としては反省できても、学習によって身に付けた振る舞いは、簡単には変えられないのだ。だから、痴漢を犯罪としてただ罰するのではなく、やめ続けられるように手助けすること、つまり、「犯罪モデル」から「医療モデル」への変換が必要になる。

■彼、彼女たちは「あえて、分かった上でやっている」

しかし、「医療モデル」といっても、医者に任せれば、それでお仕舞いというわけにはいかない。

斉藤によれば、再犯防止プログラムの場で、「痴漢行為を手放すことで、あなたが失ったものは何ですか?」と質問したところ、「生きがい」と答えた受講者がいたという。また、痴漢常習者で、「自分の妻や娘が性犯罪被害にあったら?」という問いに、「相手の男を殺しに行く」と即答した人もいたという。さらに、痴漢ではなく性的暴行のケースでは、「僕は他の強姦犯と違う。思いやりを持って、必ずローションを使うから、相手を傷付けていない」と言う人もいたというのだ。

こうした認知の偏り、自己欺瞞は、認知バイアスが学習・訓練によって内面化された形だといえる。生まれながらの痴漢や万引きなどはいない。こう言ってよければ、彼や彼女たちは、「あえて、分かった上でやっている」、言い換えれば、自分自身を規律訓練してしまっているのだ。

あわせて読みたい

「痴漢」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  4. 4

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  5. 5

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    もともと余裕ない医療 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  10. 10

    豊洲市場 なぜクラスター認めぬ?

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。