記事

コメントをしない、は安倍総理も

衆議院本会議で代表質問が行われました。我が会派からは枝野氏と玉木氏が質疑に立ちました。

一昨日、安倍総理は施政方針演説の中で、自らに都合の悪い、カジノ・IR汚職、桜を見る会、閣僚辞任等については何ら語りませんでしたので、当然それらの点に質問が飛びました。

しかし、例えば、閣僚辞任、カジノ汚職等についての安倍総理の答弁は、極めていい加減なものでした。

「個別の事件についてはコメントしません」的な答弁の繰り返し。

こんな言いぶりは、まさに、この数日間に、河井夫妻や菅原氏が繰り返し述べて、何も説明していないじゃないかと物議を醸したものと全く同じ。安倍総理がしゃべると何か不都合なことでもあるのでしょうか??

当人たちのみならず、安倍総理自身も説明責任を果たすことを拒んだ今日の代表質問への答弁。

来たる予算委員会では、一問一答。安倍総理に対してギリギリと追及していかなければなりません。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄での自衛隊めぐる発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    日本企業が離れていく韓国の苦境

    PRESIDENT Online

  3. 3

    小沢一郎氏に翻弄された玉木代表

    早川忠孝

  4. 4

    マイナポイント5千円分付与の罠

    女性自身

  5. 5

    なぜ韓国の失業率は低い水準か

    ニッセイ基礎研究所

  6. 6

    病と闘い 渡哲也さんの役者人生

    渡邉裕二

  7. 7

    安倍首相のコピペ挨拶騒動を検証

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    日英で違う終戦記念日の過ごし方

    小林恭子

  9. 9

    ポリ袋はエコ 製造会社涙の訴え

    PRESIDENT Online

  10. 10

    氷河期世代に刺さった半沢の言葉

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。