記事

なぜ日本で韓国の小説がウケるのか “フェミニズム”との切り離せない関係 斎藤真理子(翻訳家)――クローズアップ - 「週刊文春」編集部

1/2

「韓国・フェミニズム・日本」と題した特集を組み、86年ぶりの3刷となった文芸誌『文藝』。その特集の増補決定版が、『完全版 韓国・フェミニズム・日本』として出版された。責任編集を務めたのが、翻訳家の斎藤真理子さん。現在15万部のヒットとなっている、普通の女性が普通の人生を送る中で様々なハラスメント被害を受ける過程を描いた韓国の小説『82年生まれ、キム・ジヨン』(チョ・ナムジュ著)の翻訳者でもある。


斎藤真理子さん ©Yuriko Ochiai

「『キム・ジヨン』が2018年12月に出版された直後に『文藝』から特集のお話をいただきました。日本で韓国の小説がたくさん出版されるようになってきたのは、自国の小説を世界に読んでほしいと、国として発信に力を入れているからでもあります。海外での韓国文学の出版には、国から助成金が出ます。でももちろん、作品に力がなければ、読者はつきません。ここまで韓国文学が読まれるようになってきているのは、1987年の民主化以降に作家になった世代が力をつけてきているから。世界中の文化が流入し、自由にアクセスできるようになった。それらを吸収して、世界の読者に求められる普遍性を備えた作家がたくさん生まれています」

 韓国文学の日本における普及とフェミニズムとの関係は切り離せない。

「フェミニズムはあくまで小説の多様なテーマの一つですが、そもそも今、フェミニズムと無関係な女性作家はほとんどいないのではないでしょうか。日本でも韓国でも小説の読者には女性が多いといわれますが、読者と書き手とは、互いに影響しあっています。今、韓国では特に女性作家の活躍が非常に目立ちますが、彼女たちは、時代の勢いを一身に受けているという感じがします。日本でも、ここ数年で世の中がだいぶ変わった。セクハラを開き直る事務次官、医学部入試での女性差別、伊藤詩織さんの事件など、様々な事象が表面化し、もはや看過できない段階です。これまで女性に我慢を強いてきた社会に限界がきているんです。その中で世界的な「MeToo」運動があり、そこに韓国文学を紹介する流れがはまって、ユニゾンとなり読者が広がったのでは、と思います」

『完全版 韓国・フェミニズム・日本』には、『文藝』には掲載されていない小説やエッセイも多く収められている。

「今回新たにパク・ミンジョン氏とユン・イヒョン氏の短編を収録しています。雑誌の時とは中身が結構違っているので、両方揃えて読んでもらいたいですね」

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「おっぱい祭り」NHK大河が話題

    SmartFLASH

  2. 2

    長妻氏側が山本太郎氏側に圧力か

    田中龍作

  3. 3

    辻元氏 ANA資料は公正かつ誠実

    辻元清美

  4. 4

    識者が恐怖したクルーズ船の惨状

    青山まさゆき

  5. 5

    クルーズ船感染は人災? 医師告発

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    我が子に完敗したオタクの限界

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  7. 7

    肺炎への対策鈍い安倍政権に苦言

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    安倍首相のねつ造答弁は言語道断

    大串博志

  9. 9

    東出昌大が告白「すべて失った」

    文春オンライン

  10. 10

    「日本の検疫は失敗」海外で批判

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。