記事

都道府県別いじめの認知件数

いじめの要因や対策についての論考は他の方に任せ、ここでは学校のいじめの認知件数を都道府県別に見てみよう。

表1は、都道府県別の「学生1000人あたりの認知件数」の多い順に並べたものだ。細かくて見にくいかもしれないが、1位の熊本県27.6件から、47位の佐賀県0.6件までばらつきがある。


図1:都道府県別学生1000人あたりのいじめ認知件数
出典:児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査(平成22年)より筆者作成
リンク先を見る
































この図を見る時に注意すべきなのは、「いじめの件数」ではなく、「いじめの認知件数」であることだ。ここでの数値は政府によるアンケート調査において、各学校が「いじめ」と認めている件数であり、実際のいじめの件数は、これより多いと考えるのが妥当である。今回の大津のケースですら「いじめ」と認めようとしない事があるのだから、その数値が実際より低いのは当然である。

学校がどの程度隠しているかは分からないので、本当に佐賀県の学校でいじめが少ないかどうかは分からない。1000人あたり0.6人ということは、40人学級で考えれば「約40クラスに1件しかいじめが確認されていない」ということになり、「本当かよ」と言いたくなる。


それは兎も角、筆者が注目したのは「近畿地方(図の青色部)は全体的に見て少ない」という特徴である。絶対数で言えば九州地方の3県の方が少ないが、上位2県も九州地方であり、全体として少ないのは近畿地方である。

図2は、地方別にいじめ認知件数を比較したものである。これを見ても、総じて近畿地方が少なく、次いで中国地方が少ないのが分かる。一方で、認知件数について特にある地方が多いという特徴は見いだせない。関東、中部、九州・沖縄のいずれも数値のバラツキが大きいからだ。(もっと細かい地方区分で見ても同様である。)

図2:地方別1000人あたりのいじめ認知件数(単位:件)
出典:同上
リンク先を見る


近畿地方における認知件数が少ないのは何故だろうか。この理由について立てられる仮説は主に以下の2つだろう。

1. 近畿地方の学校には、いじめが少ない。
2. 近畿地方の学校には、いじめを隠蔽する傾向がある。

県民性の専門家なら、この件について一家言あるのかもしれないが、私はその専門家でもないので、これ以上深入りはしない。(学校の方針や体制の差、経済状況の差など色々な理由があるだろう。)

参考資料
文部科学省「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査 」(平成22年)
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa01/shidou/1267646.htm

あわせて読みたい

「いじめ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

  10. 10

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。