記事

ベゾス氏の携帯をサウジ皇太子がハッキング? 英新聞が衝撃報道 カショギ氏殺害との関係は



 「Amazonのボス、ジェフ・ベゾスの携帯がサウジの皇太子によってハックされた」

 この衝撃的なニュースを伝えたのは、イギリスの大手新聞「ガーディアン」だ。

 ハッキングに関与していたとされるのは、サウジアラビアの将来の国王とも呼ばれるムハンマド皇太子。しかしなぜ、サウジアラビアの皇太子にハッキング疑惑が浮上しているのか。



 ベゾス氏は2019年1月、25年連れ添った妻との離婚を発表。その後、ベゾス氏に浮上したのが不倫疑惑だった。この不倫が離婚の原因だと報じられたが、一連の報道の中で出てきたのが、不倫相手とやり取りしたとされるプライベートなメッセージだ。

 なぜ情報が漏れてしまったのか、ベゾス氏は調査を開始。この調査で結論付けたのが、サウジアラビアによるハッキングだった。



 これに対し、サウジアラビア政府は「全く無関係である」と関与を否定。しかし今回、ベゾス氏に対するハッキングにサウジアラビアのムハンマド皇太子が関わっていた疑いが報じられた。

 ガーディアン紙が伝えた匿名の人物の証言によると、2人は通話アプリ「ワッツアップ」でやり取りをする仲だったという。しかし2018年5月、ムハンマド皇太子はベゾス氏に対して悪意のあるビデオファイルを送信し、大量のデータが数時間以内に抜き取られたというのだ。



 ベゾス氏はAmazonの創業者であると同時に「ワシントン・ポスト」のオーナーでもある。ワシントン・ポストといえば、2018年10月に殺害されたサウジアラビア人記者のジョマル・カショギ氏がコラムニストとして所属していた。

 本当にベゾス氏に対する悪意のあるファイルの送信はあったのか。そして、ハッキングがあったとすればカショギ氏の殺害にも関係してくるのか。今回の報道は様々な憶測を呼びそうだ。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

映像:中国系のサイバー攻撃集団「TICK」関与か 三菱電機の情報が流出

あわせて読みたい

「サウジアラビア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    コロナは長期戦 山中教授に共感

    水島宏明

  3. 3

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  4. 4

    ニューヨークは数日で医療崩壊か

    藤沢数希

  5. 5

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    月初封鎖? 怪情報に惑わされるな

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    4月から事実上「首都封鎖」に

    NEWSポストセブン

  8. 8

    志村さん死去 最後まで仕事の鬼

    常見陽平

  9. 9

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  10. 10

    なぜ迷走?日本の新型コロナ対策

    緒方 林太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。