記事

復活した小沢健二の新曲「彗星」とタモリ「笑いの思想」

宮室信洋(メディア評論家)

***

小沢健二は年末にかけて「彗星」という曲を引っさげて活動していた。特に、小沢健二とテレビ朝日「ミュージックステーション」は、司会者であるタモリを通じて蜜月関係にある。小沢健二の楽曲を高く評価することで知られているタモリは、「彗星」での出演時もいつになく饒舌に「彗星」の歌詞について語っていた。


曰く、「彗星」は、現実がいかに奇跡かを歌っていると。現実は対比されたり、超えるものとされたりして否定されがちである。しかし、現実こそが奇跡的なものであり、肯定に値するものであると。小沢健二の「全肯定」の思想であると。「彗星」の歌詞は、1995年から始まり2020年の今に向けて、いかに偶然的な出会いとともにつながっているかを書いている。1995年に生まれた者が作り上げた音楽を2020年の今、25年を隔てた小沢健二自身が聴くことができると。

NHK「SONGS」では、まさしくそれに該当する「あいみょん」との出会いについても語っている。また「彗星」の歌詞は語る。過去に生まれた自然がいくらかの変化を伴っているかもしれないがそれにもかかわらず今現在において私たちが享受できているという出会いについて。生々流転。生成と消滅。流れる時の中で、常に私達は偶然的な出会いの中にある。

Mステで小沢健二は彗星そのものについて、水などでできていて、ギリギリで存在しているものであることについても語っている。あらゆるものがギリギリで偶然的に存在し出会っている。その奇跡的な出会いをもって、現実は無条件に肯定され、その偶然的な出会いは宇宙的規模に開かれた奇跡である。

[参考]あいみょん「マリーゴールド」が「メダロット2」のパクリではない理由

小沢健二がここまで本格的に音楽活動を再開したのは驚きがある。小沢健二の芸能界への復活といえば、やはりフジテレビ「笑っていいとも」最終回直前でのテレフォンショッキングへのゲスト出演が印象的であった。復活後の小沢健二は度々タモリとともに語られた。それはタモリが、小沢健二の「さよならなんて云えないよ」という楽曲の詞を評価したことにあった。テレフォンショッキングゲスト出演の際にも小沢健二は「さよならなんて云えないよ」のタモリが絶賛した詞の部分を歌い、いいともを終えるタモリに捧げた。

「左へカーブを曲がると光る海が見えてくる僕は思う! この瞬間は続くと! いつまでも」。

1996年1月29日の小沢健二ゲストのテレフォンショッキングでタモリはこの詞を絶賛したという。風景が良いという詞はよくあるが、それが永遠に続くとする詞はないと。歌詞をよく見れば、瞬間でありながらも続くと書かれている。確かに日常性が続くわけだが、日常性を瞬間瞬間と捉え、かつそれがいつまでも続くということは、その日常の瞬間性に永遠や普遍性や宇宙を感じるということである。日常性のかけがえのなさとその普遍性を捉えている。これをもってタモリは「生命の最大の肯定」であると応える。

この見立ては哲学者マルティン・ハイデガーの基本思想を想起させる。ハイデガーの考え方は、いわゆるデカルト式主客二元論ではなく、自身の存在である「現存在」が世界に対しいかに了解していくかという見方をとる。つまり、人は世界に投げ込まれて(「投企」)いくのである。人が世界をどう了解するかは、実際にされるまでわからない。

よって自身があらかじめ存在しているという見方とも違ってくる。どのように世界が出会われ、開示され(「開示性」)、自身の存在が了解されていくか(「存在了解」)、これが自身の存在である「現存在」に先立つ(「存在了解が現存在に先立つ」)。「左へカーブを曲がると光る海が見えてくる」という小沢健二の歌詞は、私には、人々が世界を開示する様を情景描写としてうまく表す歌詞に思える。世界との瞬間の出会われ方とかけがえのなさを歌う小沢健二の歌詞は、ハイデガーに通ずるものである。先のMステで風間俊介が小沢健二の歌詞の風景描写を称えたのもここに通じるのかもしれない。

またタモリの言う「全肯定」の思想といえば、タモリの師とも言える赤塚不二夫の「これでいいのだ」の思想と結びつけられる。タモリと赤塚不二夫と言えば昨今は、赤塚不二夫の葬儀において行われたタモリの弔辞が有名である。ここにおいて、メディアではカットされがちであったが、タモリはその思想について短くまとめている。

「あなたの考えは、すべての出来事、存在をあるがままに前向きに肯定し、受け入れることです。それによって人間は、重苦しい意味の世界から解放され、軽やかになり、また時間は前後関係を断ち放たれて、その時その場が異様に明るく感じられます。この考えをあなたは見事に一言で言い表しています。すなわち、『これでいいのだ』と」

これはまさしくタモリのお笑いの思想である。またここでタモリは時間が断ち放たれるという言葉を残している。つまり瞬間が永遠と同じようなものとなるということである。時間空間存在があるのではなく、関係性とかけがえのない瞬間瞬間の出会いがあるだけ、このような仏教の「縁起」の考え方が赤塚不二夫とタモリを貫いている。

タモリが小沢健二の「さよならなんて云えないよ」の歌詞を絶賛したトークの後にはこのようにも会話している。小沢健二曰く、小沢自身は大学などで学んだことを歌詞や曲にいかし、またタモリはずっと「いいとも」をやることで表現してきたのかもしれないと。いいともはまさしくお昼の生放送で、即興の笑い(=ジャズ:タモリの好む音楽)を奏で続ける場であった。タモリは言う。簡単なものを複雑に表現するバカな営みではなく、複雑なものをいかに簡単に表現するかが大事だと。

小沢健二もこう応える。「痛快ウキウキ通り」みたいに表現したいと。この記事も、タモリの弔辞を持ち出したりして、野暮かつ複雑な表現であるかもしれない。しかし評論家、思想家として、直接的に表現することも戯れの1つのエンターテインメントであると考える。

なお、小沢健二はこのように歌詞について注目されることが多いが、90年代アーティストならではの軽快に弾む特殊なメロディーは、1つのアートとして、現在に蔓延る特殊な歌い方に対する1つのカウンターとしても新鮮で価値あるものだと思う。

あわせて読みたい

「タモリ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  7. 7

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  8. 8

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  10. 10

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。