記事

日欧中銀など、デジタル通貨発行へ共同研究 「知見を共有」


[ロンドン/フランクフルト 21日 ロイター] - 日銀とイングランド銀行(英中銀)、欧州中央銀行(ECB)は21日、中央銀行テジタル通貨(CBDC)を発行する可能性について知見を共有し、共同研究を行うため、6つの中銀による新しい組織を立ち上げたと発表した。

新組織にはカナダ銀行、スウェーデンのリクスバンク、スイス国民銀行のほか、国際決済銀行(BIS)も参加する。クーレECB前専務理事とカンリフ英中銀副総裁が共同議長を務める。

新組織は声明で「クロスボーダーの相互運用性など経済、機能、技術の各方面で設計の選択肢を評価しながら、先端技術の知見を共有していく」とした。

各国の中銀はこれまで、独自のデジタル通貨について研究を加速してきた。

一方、米連邦準備理事会(FRB)は新組織に参加していない。独自のデジタル通貨発行に向けた取り組みで先行する中国人民銀行も不参加となった。

CBDCが中銀の管理下にある電子化された法定通貨なのに対し、ビットコインなどの暗号通貨の管理は中央集権化されておらず、分散されたプラットフォームで行われている。ただ、双方とも「分散型台帳(ブロックチェーン)」が基幹技術となっている。

中銀デジタル通貨を巡っては、カーニー英中銀総裁が昨年、ドルが世界経済の安定性を損なっているとし、各国中銀がドルに代わる独自の準備通貨の創設に向け、協調的な取り組みを迫られるかもしれないと指摘していた。

その際、最善の解決策は、技術によってもたらされ得る金融システムの多様化との見解を示していた。[nL4N25J48V]

*内容を追加します。

あわせて読みたい

「日本銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  5. 5

    夫の性犯罪発覚で妻が味わう屈辱

    幻冬舎plus

  6. 6

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  7. 7

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  8. 8

    中居正広「登る山を探している」

    SmartFLASH

  9. 9

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  10. 10

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。