記事

米経済成長率、20年はIMF予測などを上回る公算=財務長官


[ダボス(スイス) 21日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は21日、通商合意によるプラスの影響や米ボーイング<BA.N>の旅客機「737MAX」の運航再開などにより、2020年の米経済成長率は国際通貨基金(IMF)などの予測を上回る可能性があると述べた。

IMFは20日に発表した世界経済見通し(WEO)で、米経済成長率について、17年の減税措置の影響が薄れていることに加え、連邦準備理事会(FRB)の緩和策を背景に、20年は2.0%になるとし、前回見通しから0.1%ポイント下方修正した。

ムニューシン長官はスイスのダボスで開催中の世界経済フォーラム(ダボス会議)で、「IMFや他の機関の予測を耳にするが、それらの20年の予測は低すぎると思う」とした上で、景況感は堅固で今月署名した中国との通商合意などが経済を押し上げると主張。ボーイング機の運航再開も米経済に寄与するとした。

また、財政政策が成長の妨げになりかねないとの見方を一蹴。ただ財政支出の増加を抑制する必要があるとした。

FRBの金融政策に関する質問に対しては、トランプ大統領によるFRB批判は許されるが、財務長官としての自身の立場では許されないとした。

トランプ氏はこの日、世界経済フォーラムで、FRBの政策が米経済を抑制しているとし、「FRBの利上げは早すぎたし、利下げは遅すぎる」と批判した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  4. 4

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  6. 6

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  7. 7

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  8. 8

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

  9. 9

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  10. 10

    電通で感染者 全社員が在宅勤務

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。