記事

プールサイドで寝そべる2人……嵐・櫻井翔と38歳恋人、スーツケースに入らなかった「ノンラー」の思い出 - 「週刊文春」編集部

〈どうも。僕です。とっくに明けましておめでとうございました〉

【写真】プールサイドで並んで寝そべる櫻井とA子さん

 嵐・櫻井翔(37)の、会員制公式携帯サイト内のブログ「オトノハ」。1月15日、櫻井は、いつもと変わらぬ出だしで配信した。

櫻井翔 ©文藝春秋

 が、実はこの日は、午後4時に文春オンラインで「嵐・櫻井翔が『38歳恋人』とベトナム婚前旅行」の速報が流れた日でもあった。

「ブログでは文春報道には一切触れなかったものの、紅白歌合戦や初詣の様子に続いて最後に綴られた内容が、なんと『大学4年生の思い出話』。櫻井と新恋人・A子さんは慶応大学時代の同級生。ファンにとってはある意味、タイムリーすぎる話題でした」(芸能記者)

 大晦日、紅白の白組司会を見事に果たした櫻井は、新年早々、A子さんとベトナムに飛んだ。

 1月4日の昼下がり、高級リゾート・ダナン近郊の五つ星ホテルのプールサイドで、櫻井はA子さんと並んで寝そべる。翌朝のレストランでは、ただ待っている櫻井に、A子さんがかいがいしく朝食を運んでくる。日本の喧騒から離れた優雅な2人だけの空間を、まるで夫婦のように過ごしていたのだった。

 ベトナムから帰国の際、A子さんが肌身離さず大事そうに持っていたものがある。それは、「ノンラー」と呼ばれる笠だった。円錐形のラタニアの木の葉で作られた帽子で、ベトナムの伝統的な葉笠。

「世界遺産登録されている古い港町・ホイアンはランタンに照らされた幻想的な夜の町並みが有名です。『ノンラー』は、ナイトマーケットでお土産としても人気。被るためというよりは、思い出として部屋に飾るものですね」(現地観光客)

 2人が滞在した場所は、実はホイアンからもほど近い。ダナン近郊のエメラルドグリーンのビーチだけでなく、少し離れると、視界には農夫や牛など、のんびりとした田園風景が広がる。これもまた、ベトナム旅行の醍醐味の一つだ。スーツケースに入らない「ノンラー」。2人の思い出の品となった。

 ホテルのプールサイドやレストランでの2人の仲睦まじい様子やA子さんのプロフィール、櫻井の恋愛遍歴、結婚観など、詳しくは発売中の「週刊文春」にて報じている。

 そして実は、この2人の恋物語には、さらに続きがあった。帰国後『news zero』(日本テレビ系)に出演したのち、櫻井が取った驚きの行動とは。そして、その先に待っていたものは何だったのか――。

 それは、1月23日(木)発売の「週刊文春」にて詳報される。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年1月30日号)

あわせて読みたい

「櫻井翔」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  2. 2

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  3. 3

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  4. 4

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  5. 5

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  6. 6

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  8. 8

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  10. 10

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。