記事

「便利さの金属疲労が需給双方にあるのでは」 すかいらーくHDが24時間営業“全廃”へ


 外食大手のすかいらーくグループが20日、「ジョナサン」や「ガスト」など155店舗で続けている24時間営業を、4月までにやめることを明らかにした。1月から順次進めていくという。

 すかいらーくは1970年、東京・府中市に1号店を出店。1972年に他のファミレスチェーンに先駆けて24時間営業をスタートした。今回、24時間営業の“全廃”を決めた理由のひとつは、いわゆる働き方改革や人手不足。そしてもうひとつの理由が、そもそも深夜に利用する客が減ったことだという。


 外食産業を巡っては、「ロイヤルホスト」や「サイゼリヤ」がすでに全店舗で24時間営業を取りやめている。また、コンビニでも24時間営業を見直す動きが広がり、2019年に店舗数は初めて減少したものの、全店売上高は増えている。

 こうした動きについて、BuzzFeed Japan記者の神庭亮介氏は「30年前のバブルの頃は“24時間戦えますか”という言葉が流行り、美徳だとされていた。いまは一転して、“24時間営業は必要なのか”という空気になりつつある。企業側にも消費者側にも『便利さの金属疲労』というか、過剰なコンビニエンスに対する疲れが出てきている気がする」と指摘する。


 また、日本の製品が“オーバースペック(過剰性能)”だとされることについて触れ、「ファミレスやコンビニの24時間営業も、いまの日本社会にはオーバースペックでライフスタイルの身の丈に合わなくなりつつある。これからある意味では通常化して、ちょうどいい塩梅に落ち着いていくのではないか」との見方を示した。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

映像:ファミレス24時間営業廃止に若者は

あわせて読みたい

「すかいらーく」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  3. 3

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  4. 4

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  5. 5

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  6. 6

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  7. 7

    ロッテ捕手 キャンプ中に妻不倫?

    SmartFLASH

  8. 8

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  9. 9

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  10. 10

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。