記事

国会開幕 疑惑に言及せぬ首相施政方針演説

第201通常国会が、昨日20日、開会しました。

安倍首相は、衆参両院本会議で施政方針演説をしましたが、疑惑には全く言及せず、毎年施政方針演説で掲げてきた新しいキャッチコピーもなく、安倍政権の幕引きに、東京五輪・パラリンピックをレガシーとしたいのかと思わせるものでした。

桜を見る会やIR汚職事件、首相が任命した菅原元経産相、河井元法相の辞任については、全く言及しませんでした。任命責任を果たす態度とは、とても思えません。

その一方で、今年開催される東京五輪・パラリンピックには、繰り返し言及し、長期政権のレガシーとしたい意向が明らかに見えました。

また、毎年初めの施政方針演説で、新しい目標、キャッチコピーを掲げ続けてきましたが、これもありませんでした。

これまでは、「三本の矢」「新三本の矢」「女性活躍」「一億総活躍」「働き方改革」「人づくり革命」を掲げてきました。

その目標が達成できているのかを精査することなく、次々に目先を変える新しい目標を掲げ、内閣府には担当を兼務する大臣が続出する、ということも問題ですが、今年何も掲げないということは、長期政権の幕引きを考えているのかと思わされます。

昨年は、参院選への影響を考えてか、国会での論戦を回避して、野党が手続きを踏んで出した予算委員会の開催要求にも応じませんでした。

今年は、必要な議論を、私たちが納得するよう、尽くしてもらいたいと思います。

疑惑も、年が改まり、時間が経てば忘れて、支持率は回復する、と甘く見られては困ります。国会での議論を注視していきたいと思います。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  5. 5

    夫の性犯罪発覚で妻が味わう屈辱

    幻冬舎plus

  6. 6

    中居正広「登る山を探している」

    SmartFLASH

  7. 7

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  8. 8

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  10. 10

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。