記事

第201回国会開会 国会開設130年 安倍総理施政方針演説からは3人の名前が・・・

国会開会式の日に議事堂前で

日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(比例代表全国区)です。我が国の伝統精神である「智勇仁」の三徳に基づき、「文武経」の政策を国家国民のために全身全霊で実現します。

 1月20日(月)、戦後第201回目の国会(通常会)が開会となりました。150日間の会期で、6月17日(水)までとなります。補正予算4.3兆円や来年度予算案103兆円、そして、52本の法案(その内予算関連17本)、16本の条約案を審議する予定です。

私達政府与党としては、災害対策、東京オリパラ大会を控えて、地方創生に繋がる観光振興、教育無償化等の全世代型社会保障、中東からの船舶の航行の安全、憲法改正等々を議論したいと考えています。

一方、野党は、桜を見る会の公文書管理、公選法違反、カジノ問題の3点セットで政府を追及したい考えのようです。

●国会開会式

天皇陛下御臨席の下での国会開会式の様子(出所:参議院)

 今年は、明治23(1890)年11月25日の第1回帝国議会開会から130年目の節目に当たります。大島理森衆議院議長が、国会開会式でそのことを触れていました。戦前に92回、戦後に201回、計293回という国民代表としての会議を積み重ねてきたわけです。非欧米諸国初の議会を開設して130年、その歴史に堪え得る国会にせねばと改めて思いました。

 https://www.sangiin.go.jp/japanese/ugoki/r2/200120k-1.html 

 天皇陛下からは「ここに、国会が、国権の最高機関として、当面する内外の諸問題に対処するに当たり、その使命を十分に果たし、国民の信託に応えることを切に希望します。」との勅を賜りました。 

 https://www.sangiin.go.jp/japanese/ugoki/r2/200120k-2.html 

 私は、国会開会式に和装振興議員連盟(伊吹文明会長)の一員として、羽織袴で臨みました。修了後、記念写真を撮影しました。

●安倍総理の施政方針演説に3人の名前が・・・

安倍総理の施政方針演説の様子(出所:首相官邸)

 国会開会式後には、衆参それぞれに政府四演説がありました。四演説とは、安倍総理の施政方針演説、茂木外務大臣の外交演説、麻生財務大臣の財政演説、西村康稔経済財政担当大臣の経済演説のことです。

 安倍総理の施政方針演説には、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の年となることから、3人の固有名詞が出てきました。それは、酒井孝則さんと中村裕医師、そして嘉納治五郎先生です。

 https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0120shiseihoushin.html

 酒井孝則さんは、昭和20(1945)年8月6日広島生まれで、前回の昭和39(1964)年のオリンピック大会の開会式で、最後の聖火ランナーを務めた19歳。国立競技場の階段を駆け上がり、聖火台に灯した姿は忘れられません。彼は前回大会を「日本オリンピック」と表現したとのこと。安倍総理は、前回の大会が戦災復興がテーマであるとすれば、今回の大会を東日本大震災からの復興五輪としたいと訴えました。

 2人目は、中村裕(ゆたか)医師でした。中村医師は「その能力は磨けば無限である」と、長年、障害者雇用に熱心に取り組み、「身障者の社会進出のためにもスポーツを奨励しなければならない」と、前回の東京オリンピック大会時に、東京パラリンピック大会が実現に奔走した方です。その後、パラリンピックは4年おきに継続的に実施されるようになったのでした。

 3人目は、柔道の創始者・嘉納治五郎先生です。明治の時代、オリンピックと出会った嘉納先生は、「世界各国民の思想感情を融和し以て世界の文明と平和とを助くる」ものと高く評価し、オリンピックの参加と日本大会誘致にその生涯をかけました。昨年のNHK大河ドラマ「いだてん」にそのことが描かれていました。

安倍総理は、嘉納先生を引用して、「オリンピック・パラリンピックが開催される本年、我が国は、積極的平和主義の旗の下、戦後外交を総決算し、新しい時代の日本外交を確立する。その正念場となる一年であります」と宣言したのでした。

 私は、本国会、参議院文教科学委員会筆頭理事として、文科省改革と文化観光の振興、北朝鮮拉致特別委員会委員として、朝鮮学校への支援見直し、憲法審査会委員として、憲法改正に取り組みたいと思います。

あわせて読みたい

「通常国会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  2. 2

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  3. 3

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  4. 4

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  5. 5

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

  6. 6

    敗北認めぬトランプ氏 破産危機

    女性自身

  7. 7

    非効率すぎる日本の医療救急行政

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  9. 9

    もともと余裕ない医療 医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    希望なき社会で起きた渋谷暴行死

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。