記事

1月21日(火)ムネオ日記

 昨日の安倍総理の施政方針演説について野党側は、いつものように狭い見識で「桜を見る会の件について触れていない」「カジノの『力』の字もない」とか批判している。

 通常国会は憲法52条にのっとり、1月中に招集することになっている。国民生活を守り、世界に責任を持つ日本としての姿勢を明らかにする常会である。

 安倍総理は、復興五輪、地方創生、観光立国、農産物輸出、成長戦略、イノベーション、一億総活躍社会、全世代型社会保障、子育て支援、外交においては積極的平和主義、安全保障政策、国際社会の課題解決等々、現状を見つめ、将来に向けての国家像を訴えている。

 「桜」とか「カジノ」は、その担当部署の責任であり、個人の問題だ。「公(おおやけ)」と「私(わたくし)」を一緒にしてはならない。

国会は裁判所でもなければ検察の役割を果たす場ではない。日本が世界の中でいかに信頼され、名誉ある地位を戴けるかを議論する場である。

 この通常国会、大所(たいしょ)高所(こうしょ)の議論を心から期待したい。

 重箱の隅をつつくような、そしてスキャンダルを追求する場ではないことを議員等しく考えていきたいものだ。

あわせて読みたい

「施政方針演説」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。