記事

「女性とカネ」進次郎はどこまで自分に甘いのか

1/2

小泉進次郎にあるのは「性事力」だ

小泉進次郎に政治力はない、あるのは性事力。それも抜きん出ている。

さすがに60年以上の歴史を持つ出版社系週刊誌の草分け、週刊新潮(1/23号)だけにうまいことをいう。


記者会見する小泉進次郎環境相=2020年1月17日、東京・霞が関 - 写真=時事通信フォト

新潮によれば、初代の内閣総理大臣だった伊藤博文は、花街で「ほうき」と渾名されたという。

掃いて捨てるほど女性がいたからだが、昔から「英雄色を好む」といわれ、「女と遊ぶのは男の甲斐性、上半身と下半身は人格が別だ」と、スキャンダルを追及するマスコミにいい放った政治家が何人もいた。

そうした名高い性豪政治家たちに、弱冠38歳で並ぶと評されるのだから、さすが進次郎は大物だと感心せざるを得ない。

奔流のように彼の女性関係が流出したのは、タレントの滝川クリステルとの“できちゃった婚”を発表し、その後、環境大臣に抜擢された頃からである。

それまでは、「自民党の人寄せパンダ」という声は一部にあったものの、巧みな弁舌や見場の良さ、小泉純一郎元首相の息子という毛並みもあって、アンケートをとれば常にポスト安倍の第一候補に挙げられていた。

さらに、希にではあるが、安倍首相の政策や自身のスキャンダルを説明しない姿勢について批判したり、総裁選では反安倍の急先鋒である石破茂を支持して、反骨精神も幾何かは持ち合わせていることをアピールした。

その進次郎が、結婚を機に、あっという間に清廉な貴公子から、スキャンダルまみれの“堕ちた偶像”になってしまった。

文春が「政治資金で『不倫ホテル代』」と報道

これまでも女性の噂がなかったわけではない。2015年4月にはフライデーが、メイクアップアーティストとの交際を報じた。その彼女の知人によると、

「彫の深い顔立ちで華やかな雰囲気のクォーター美女です。(中略)進次郎さんとは何回か関係を持っただけで、深い付き合いにはならなかったみたい」(新潮1/23号より)

続いて、週刊文春が同じ年の8月、元復興庁の女性職員と「ホテルで密会」していたと報じた。

文春はそれ以外にも、合コンで知り合った女子アナたちとも付きあい、その中には、進次郎と結婚したいと真剣に考えた女性もいたと報じている。

そして彼の評価を決定的にしたのは週刊文春(1/2・9号)が報じた「進次郎、政治資金で『不倫ホテル代』、幽霊企業に“ポスター代”4千万円の怪」というスクープだった。

文春は、独身時代の進次郎は、女性と泊まったホテル代まで政治資金で払っていたと報じたのだ。これが事実なら政治家失格である。

文春が進次郎の政治資金収支報告書を精査すると、2010年からの9年間で、都内でのホテル代として約180万円を計上していたという。

その中には、文春(2015年8/13・20日号)が詳しく報じた、元復興庁職員の女性と密会した「東京プリンスホテル」の宿泊代(約69万円)も入っていた。しかも同じ時期に、女性実業家で亭主も子供もいるA子とも“不倫”していて、彼女との逢瀬のホテル代も同じように政治資金で払っていたというのである。

激怒した交際相手の夫がリークしていた

動かぬ証拠を握ったと文春は書く。一枚の領収書(特集の中に写真がある)にこうある。

「泉進会様 ¥105842 2015.6/27~6/28 宿泊代 7/30振込確認済」

支出先は軽井沢プリンスホテル。文春によれば、この日の夕方、進次郎は軽井沢で「G1新世代リーダー・サミット」に出席している。ここには件のA子も参加していた。

A子が先に出てホテルの自室へ向かい、午後10時半頃に進次郎も同じホテルの別棟(一泊10万円)に向かった。しばらくしてA子が自分の部屋から出て彼の部屋に入り、彼女が出てきたのは午前2時を回った頃だったという。

文春はA子を直撃したが、「お話しできません」というばかり。だが文春は、進次郎がA子に宛てたメッセージを入手していた。そこには「ナイトセッション終わったらプリンスに戻るけど、A子は?」、さらに2人は1週間前から「来週が楽しみだね」「待ちきれない~!」と送り合っていたというのだ。

このやりとりを見たのは、文春ではA子の友人となっている。だが、新潮(1/23号)は、このことを文春に流したのはA子の夫だったと報じている。

夫の知人はこう語っている。

「彼女と進次郎さんとの不倫関係に気づいた旦那さんが激怒して、周囲に相談を持ちかけていた。それどころか、彼女の携帯を盗み見て、進次郎さんと奥さんが会う日取りが分かると、その都度、文春に流していたのです。

文春はその情報をもとに、ふたりの姿を写真に収めるため記者やカメラマンを現地に派遣していたと聞いています」

“電撃婚”発表後、SNSに「おめでとうございます」と投稿

しかし、幸か不幸か、A子と不倫を続けると同時に、復興庁の元部下の女性ともホテルで密会していたのだが、それを文春に報じられたため、進次郎もさすがに懲りたと見えて火遊びを自粛してしまったという。そのため、A子とのツーショットは撮影されなかったが、

「(A子と夫は=筆者注)その後も不倫騒動で生じた溝が埋まることはなく、結果的に夫婦は離婚してしまいました」(先の知人)

A子の家庭が崩壊し、離婚したことを知ると進次郎は、彼女から離れていったそうだ。

A子はそんな“不実”な進次郎の結婚を、どんな思いで見ているのだろう。その上A子は、滝クリとも親しかったそうだ。

進次郎が“電撃婚”を発表すると、数日後に、A子はSNSに「大好きなクリステルさん。おめでとうございます」と祝福のメッセージを書き込んだというのである。

このメッセージを文面通り受け取ることはできない。自分を捨てて自分の友人と結婚した進次郎への愛憎が複雑に錯綜していると読むのは、私の穿(うが)ち過ぎだろうか。

テネシーワルツを踊っていたら、古い男友達に会った。友人に紹介したら、彼を盗まれてしまったとパティ・ペイジ(日本では江利チエミ)が歌って600万枚という大ベストセラーになった『テネシーワルツ』のようではないか(古いね~)。

強引には迫らず、結婚を望むタイプは遠ざける

新潮は別の女性とのケースを報じている。ある自民党関係者が、こう話している。

「ある自民党代議士の女性秘書が会合で進次郎さんに挨拶をして、名刺を渡したそうなんです」

その後、名刺に記載されていた携帯番号に進次郎から連絡があったという。驚いた彼女に進次郎は、食事やデートという前置きはなく、いきなり宿舎に来ないかと誘ったそうだ。

あの進次郎から直接口説かれたら、女性は嫌といえないのだろう。だが、宿舎での密会は一度だけで、それ以降は音沙汰なしだという。

滝クリとの結婚会見で進次郎は、「一度もふたりで外に出たことはないし、どこかに一緒に移動するとか、そういったこともありません」と語っていたが、それほどまでに女性と一緒の写真を撮られないよう細心の注意を払っていたのである。

さらに、女性と会っても強引には迫らず、相手が少しでも躊躇(ちゅうちょ)する素振りを見せるとさっと身を引く。結婚を望むようなタイプは遠ざける。

「だから、夫子のいる女性実業家が本気になって離婚を口にし始めた時はさぞ慌てたことでしょう」(自民党関係者)

あわせて読みたい

「小泉進次郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少女半裸で11時間撮影 社長逮捕

    阿曽山大噴火

  2. 2

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  3. 3

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  5. 5

    大学は授業料の対価提供できるか

    青山まさゆき

  6. 6

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    こじるり SNSでの誹謗中傷に嘆き

    女性自身

  8. 8

    よしのり氏 周庭氏逮捕を許すな

    小林よしのり

  9. 9

    国民民主が分党 立民と合流へ

    ABEMA TIMES

  10. 10

    沖縄の不安を煽るTVに医師が嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。