記事

くら寿司、10年で店舗・売上倍増の計画 海外強化で中国初出店


[東京 21日 ロイター] - 回転寿司チェーンくら寿司<2695.T>は21日、グローバル戦略説明会で、2030年中に店舗数1000店、売上高3000億円と倍増を目指す計画を発表した。中国への初出店のほか、今後は東南アジアへの進出も検討しており、海外事業を拡大させる方針だ。

くら寿司は現在、国内外で495店を運営し、売上高は約1300億円(2019年10月末時点)。

海外事業では、米国、台湾に続き中国に初進出し、上海を皮切りに10店舗の開店を目指す。

国内では22日に、東京・浅草にグローバル旗艦店舗をオープンする。訪日観光客向けに音声翻訳機や自動案内・会計システムを導入し、今後9カ所の既存店をグローバル対応店とする。

会見した田中邦彦社長は「五輪のある今年、第二の創業期としてここがターニングポイントになったと言われるような年にしたい」と意気込みを語った。

くら寿司は、「日本発のファーストフードである寿司にもチャンスがある」として、将来的に米スターバックス<SBUX.O>など大手と並ぶ売上高規模のグローバル寿司チェーンを目指すという。

*写真を追加しました。

(白木真紀 記事作成:田中志保)

あわせて読みたい

「くら寿司」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  4. 4

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  5. 5

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  6. 6

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  7. 7

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  8. 8

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  9. 9

    松茸絶滅危惧 原因は森林の再生

    田中淳夫

  10. 10

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。