記事

オスプレイ配備見直しを米国に要請した前原政調会長

 私は7月8日のメルマガ第522号で書いた。 

 私が小沢一郎であれば、いまこそ国民の前で、そして世界の前で、野田外交に異を唱えるだろう、と。

 「私が首相だったらオスプレイの配備は認めない、米国と再交渉して見せる」、と言うべきだ、と。

 米国は腰を抜かすだろう。しかし米国は反論できるはずがない、と。

 そしてその事を小沢一郎の目にとまるように7月9日のブログで書いた。

 いまこそ野田首相に対しオスプレイ配備の延期要請を米国に行うように求めよ、米国が日米同盟を重視するならその要求を拒むことは出来ないに違いない、と。

 そのお株を見事に前原政調会長にさらわれてしまった。

 きょう7月14日の各紙が報じている。

 前原誠司民主党政調会長が7月13日、都内で記者団に次のように述べたというのだ。

 「万が一のことがあったら日米安保そのものの土台が揺らぐ。政府と米国に今の計画を見直すように党として申し入れている」と

 ルース駐日米国大使と11日に会談した経緯にも言及し、

 「ルース大使は『理解できる。本国に伝える』と言っていた」事を明らかにしたと。

 先を越されてしまった事は残念だった。

 しかし、誰が言い出そうと、それは正しい事であり国民にとって歓迎すべきことだ。

 私は前原政調会長の行動を評価する。

 もちろん前原政調会長の意見に従うかどうかは野田首相の判断だ。

 しかし野田首相が愚かでなければ、この前原政調会長の意見を取り入れて米国に申し入れることを決断するだろう。

 オスプレイ配備に反対する国民の声の広がりを考えるとそれしかない。

 そして野田首相が日本国民の前で公然と米国に見直し要求をすれば、米国はそれを拒否することは出来ないだろう。

  それでもオバマ大統領がオスプレイ配備を強行するならば、オバマ大統領は愚かだということになる。

 その時こそ日本国民が日米同盟の反国民性に気づく時である。

 どうやらオスプレイ配備問題は日米同盟の試金石になりそうだ。

 そのような重要な提案が、小沢一郎からではなく前原政調会長からなされた事を、私は残念に思うのである・・・

あわせて読みたい

「オスプレイ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  6. 6

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  7. 7

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  8. 8

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  9. 9

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  10. 10

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。