記事

ホームレス人口は本当に減っているのか? 路上生活者の実数調査の難しさ/米国の調査方法の限界

1/2
少し前、SNSの一部のユーザーのあいだで「日本のホームレス人口が激減している」ことが話題になった。たしかに、2003年の厚生労働省調査で全国に25,296人確認された路上生活者は、2019年の最新調査では4,555人となっている。しかしこの数字で注意したいのは、「日中の」「路上や河川等で」調査した結果としては減少傾向にあるというだけで、必ずしも「定まった住居を持たない」人の実数ではない点だ。

市民団体「ARCH」が深夜に実施したカウント調査では、東京都が昼間に行う調査の約 2.6 倍の人が野宿状態にあるという実態を明らかにした。そもそもホームレス状態の人は、確固たる「拠点」もなければ、行政に届け出るわけでもない。時間帯に応じてより安全な場所に移動するため、実数の把握はかなり難しいのだ。(現時点では「ARCH」カウントでもネットカフェなどで寝泊まりしている人は計測できていない)
紺色らいおんさんによる写真ACからの写真

何事も問題の解決には現状把握が大切なのに、それすらも難しいのだ。さらに米国の場合は、広大な国土に50万人規模で路上生活者が存在する。2年に1度、路上生活者を目視カウントする調査を実施しているが、この手法でしっかりと実態を把握できているのか。『Street Spirit』誌の編集者アレスタ・ブーンが調査に参加した実体験をもとに記事にした。

***

米国全体のホームレス人口を数える「PIT調査」は、1月末の早朝に行われる。2003年から始まり、2年毎に実施されている。カリフォルニア州アラメダ郡で実施されたPIT調査には、私を含む約600名のボランティアが参加した。

アラメダ郡の調査を担当するNPO「EveryOne Home」のイレーン・デ・コリグニー事務局長は言う。「ホームレス問題の現状を理解し、より良い支援を提供していく上で、この調査結果はとても役に立ちます」

路上生活者を一人ひとり目視カウントしていくのだが、当NPOではテントや車上生活者を考慮し、「乗数方式」を用いている*1。さらに、若者ホームレスに絞ったデータや人口統計情報(健康状態・兵役歴・住宅の有無歴など)の調査も実施。これらのデータを合わせて「PIT調査結果」として連邦政府に報告している*2

*1 目視カウントではテントや車の中で生活している「人数」まで確認しにくいため、事前にアウトリーチチームがこれらの形態で暮らしている人たちの世帯人数を調査。目視カウントで人数を把握できないケースには、この平均人数を適用する。

*2 2019年度調査ではアラメダ郡全体で8,022人の路上生活者が確認された。2017年度調査から2,393人増(+43%)。


mifnerによるPixabayからの画像

PIT調査では実際より数が少なくなる理由

しかし、このPIT集計数と実際の数には大きなギャップがあるとの見方が強い。実際の半数かそれ以下ではないかと言う専門家もいる。なぜ信頼できるデータを収集できないのか? 夜明け前に数時間かけてオークランド市内をまわった私には、その理由が見えてきた。

1月30日、夜明け前に起きた私は、もう一人のボランティアと案内人との3人チームにアサインされた。案内人は今現在もホームレス状態にある男性で、私たちに路上生活者が多いエリアを教える任務を負っていた。より正確な結果を得るため、EveryOne Homeでは今年、彼のような案内人を時給15ドル(約1600円)で約150名雇ったのだ。

私たちは早朝5時半頃に車で出発した。メリット湖の裏手にあたるイーストオークランドの住宅街全体をくまなく見てまわる計画を立てた。担当エリアが色付けされた地図と、見つけた路上生活者の情報(性別、年齢、居住形態など)を記入する集計表をもらっていた。「PITカウント」の手法は市によって異なり、ボランティアが路上生活者に直接話しかける地域もあるが、アラメダ郡では路上生活者を見つけても一切話さないようにとの指示を受けた。

写真:Alastair Boone
アラメダ郡の2019年度PIT調査でボランティアに配布された集計シート

外はまだ暗い。ゆっくり車を走らせながら、車のヘッドライトが建物と建物の間を照らし出す。見落としがないよう十分に気をつけながら、通りをぐねぐね曲がっていく。時には車を降り、公園のベンチや遊具の後ろなどもチェックした。橋のたもとに茂みがあれば、のぞいてみたりもした。

早朝出勤でバスを待つ人たちやパジャマ姿で犬の散歩をする人などを見かけた。空き缶がいっぱい入ったゴミ袋を手にした高齢の女性が歩いていたので、もしかしてと思ったが、「彼女は違う」と案内人が断言したので、カウントしなかった。

Alina KuptsovaによるPixabayからの画像

3時間の調査時間が経過、市役所に集計結果を提出する時間になった。我々の集計シートは白紙のままだった。「一人くらい見つけたことにしたいなら、ごみ箱に潜り込んだ私を見つけたことにしますか?」案内人が冗談を言った。

ホームレス問題の深刻化を受け、国連から “人道的危機の街”*3 とされたオークランド市で、どうしてこんな結果になるのだろう? 一つには、この街における地域格差もあるだろう。私たちが担当したのは比較的裕福なエリアだったので、坂道には 少なからずBMWも停まっていた。しかし、人目につかないところにいる多くの人たちを見逃しているかもしれない。建物のくぼみや車上生活者、もしくは友人・知人宅のソファーや床で寝泊まりしているような人たちを。

*3 UN report calls Bay Area homeless crisis human rights violation
国連報告書(2018年10月発表)ではベイエリアが世界の貧困都市並みにひどい状態にあり、そのホームレスコミュニティの有り様は人権侵害レベルにあたるとされた。


(c)THE BIGISSUE ONLINE

あえて極寒時に調査をおこなう意図とは

PIT調査では故意に数値が少なくなるところがある。住宅都市開発省は、この調査を1月下旬の10日間のどこかで実施することを義務づけている。そうすれば、月末になるとシェルター代が払えなくなる “周期的な” 野宿生活者をカウントできるから。また、一年で最も寒いこの時期に実施することで、路上生活者の困難への人々の意識を高める効果もあり、調査に協力してくれるボランティアを集めやすいという事情もあるようだ。

しかしホームレス支援者らは、真冬に調査を行うことでカウント数が実際より少なくなると反論する。ホームレス連合団体「Coalition on Homelessness」の人権活動担当者ケリー・カトラーは、「極寒時は人目のつかない所に避難する人たちも多いので、冬の早朝に実施しても路上生活者を見つけにくい」と言う。

あわせて読みたい

「ホームレス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  4. 4

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  5. 5

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  6. 6

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    今井絵理子議員の手話質問を称賛

    山下雄平

  8. 8

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  9. 9

    吉村知事の苦言に「ブーメラン」

    女性自身

  10. 10

    GoTo決断を押し付け合う菅VS小池

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。