記事

引退の獣神サンダー・ライガー「我々は怒りを表現しないと」

NEWSポストセブン

外したマスクを持つライガー

憧れの藤波辰爾とタッグを組んだ

8人タッグでは、田口隆祐の「どんどん」からのエビ固めで敗退

引退試合では高橋ヒロムに完敗

2日にわたる東京ドーム大会には計7万71人が来場

引退スピーチには棚橋も涙

引退セレモニーで妻、息子とともに

 3カウントを取られると、天井を見詰め、90秒間起き上がれなかった。1月5日、東京ドームでの戦いを最後に獣神サンダー・ライガーは31年間のマスクマン生活に別れを告げた──。

【写真】外したマスクを持つライガー

「勝っていたら、まだできたんじゃないかと逆に悔いが残る。良い区切りの付け方だったなと。前日には、憧れの藤波辰爾さんにタッグを組んでいただき、自分のガウンにライガーの刺繍まで入れてくれた。プロレスに関わったすべての人に感謝します」

 園芸クラブで女子たちと花を植えていた小学6年の時、少年は『別冊ゴング』の表紙を飾る藤波の写真に衝撃を受けた。

「頭の中で勝手に就職しちゃいました。中学を卒業したらプロレスラーになると。それほど、藤波さんの戦うために鍛え上げた肉体がカッコ良かった」

 中学時代、1日3000回できるまでスクワットを反復したため、脚の成長が止まってしまう。身長165センチと入門規定に遠く及ばず、高校に進学。レスリングで国体に出場し、卒業後メキシコに渡った。逆輸入で日本のリングに上がろうと道を探ると、新日本プロレス(新日本)の旗揚げに参加した鬼軍曹・山本小鉄に出会い、1983年6月に入門。アントニオ猪木に付き人として仕え、レスラーの心構えを叩き込まれた。

「試合が盛り上がってないと、『この雰囲気をどう変える?』と聞くんですよ。僕が答えられずにいると、藤原喜明さんが竹刀を持って乱入して、選手をバッカバカに叩きまくって帰ってくる。それを見た猪木さんは頷いている。相手を必ず倒すという“怒り”を表現しないとダメだと覚悟しました」

 1988年、ゴールデン帯でのテレビ中継が消滅。プロレス人気に陰りが見えてきた頃、永井豪原作のアニメと同時進行で、新たなマスクマン構想が浮上。当初、新日本はのちに“日本マット界の至宝”と称される武藤敬司や史上最年少デビュー記録を持っていた船木誠勝に被らせようとしたが、計画は頓挫した。

「会社は困った末、僕を指名したそうです。10年くらい前に初めて知って愕然としました。でも、マスクマンに憧れていたし、こんな経緯も面白いかなと」

 1989年4月24日、プロレス団体初の東京ドーム大会で「獣神ライガー」としてデビュー。現在の名前に変えた翌年、空手家・青柳政司との異種格闘技戦で自らマスクを脱ぎ捨てるという暴挙に出た。

「紐を取ったり、ズラそうとしたりするので、頭にきて投げつけてやりましたよ。会社からは何のお咎めもなかった。“怒り”を表現したからだと思います」

 プロレス団体が急増していた1994年、ジュニアヘビー級の活性化を目的に組織の枠を超えた「スーパーJカップ」を提案。妻も出場レスラーの人選に関わった。

「カミさんはプロレスのクイズ番組で優勝するくらい詳しい。僕の試合も、腕を組みながら観ていますから(笑い)。私にとって因縁浅からぬ鈴木みのる選手と大先輩である前田日明さんの対戦を観に行った時、カミさんが館内に響き渡るような大声で『前田、死ね~~!』と叫んだら、シーンとしていた会場が盛り上がったこともありました」

 2000年前後、K-1やPRIDEなどの総合格闘技が隆盛を誇り、新日本の人気は衰退する。3000人収容のホールで1割しか観客の入らない試合もあった。ライガーが「今日も少ないな……」と意気消沈すると、“暴走キングコング”の異名を取った真壁刀義が「次、倍入れましょう。それを繰り返せばフルハウス(満員)になりますよ」と気丈に語った。

「あの言葉は忘れられない。良い試合をして呼び戻すしかないと後輩に教えられたんです」

 2005年、ゲーム会社の「ユークス」が新日本の経営に参画。翌年、“100年に1人の逸材”といわれる棚橋弘至が試合後、ファンに「愛してま~す!」と叫ぶマイクパフォーマンスを始め、V字回復を果たしていく。2012年から「ブシロード」の子会社になると、試合のネット配信を試みて海外にまでファン層を拡げた。

「最初、棚橋選手の行動にはすごく抵抗がありました。でも、やり続けたことで、あの言葉がないと試合が締まらなくなった。『チャラいけど強い』という新しいキャラクターで、今の新日本を作った“チャンプ”ですよ」

 1月6日の引退セレモニーでは10カウントゴングが鳴り響いた後、棚橋が音頭を取ってテーマ曲『怒りの獣神』をファンと歌い、送り出してくれた。

「新年会の打ち上げかと思いましたね(笑い)。リング上でウルッときたけど、息子が泣いているのを見て正気に戻った。今後は道場の“管理人”として若い選手をバックアップします。まずは、感謝の気持ちを込めて妻と2人で温泉旅行がしたい」

 プロレス界を明るく照らし続け、誰からも愛された男は、今後も新日本とともに人生を歩む。

●取材・文/岡野誠 撮影/内海裕之 写真提供/新日本プロレス

※週刊ポスト2020年1月31日号

あわせて読みたい

「新日本プロレス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  4. 4

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  8. 8

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  9. 9

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  10. 10

    ワタミ 弁当無料宅配で休校支援

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。